下腹だけ出てしまうのはどうして?その原因と改善方法とは?

モデルさんと言えば、長い手足と小さな顔…。女性なら誰しもが羨むようなスタイルです。ところが下腹ポッコリに困っているモデルさんも少なくないのです。

ウエストが細いせいでポッコリお腹が目立つ

ウエストが細いせいでポッコリお腹

以前見た、お腹やせの特集のモデルさんがお腹を出すとかなりお腹がポッコリしていたのです。ただ、正確に言うと普通の人の下腹ぽっこりとはレベルが違います。標準体型の人に彼女のお腹を付け替えたら大喜びするだろう。下腹は脂肪がさほどたくさんついているわけではないのです。

下っ腹のちょっとの脂肪と、ちょっとの出っぱりが、他が細すぎるせいで相対的にやたら目立つのでした。美容と健康のためにフルマラソンに出るのを趣味にしていて週に3回、1回20km走っているそうです。

もちろん、お仕事柄、食事にはかなり気を使っています。誰でも下っ腹が痩せないので、腹筋運動をパーソナルトレーナーにも指導してもらって筋トレも行なっている、とのことでした。

しつこい下腹の脂肪を燃やすには

普通の人は「モデルさんがそこまでしても痩せないのなら、私が痩せないのも当たり前だわ」と、妙に納得してしまうかもしれません。では、どうしたらいいかと言うと、下腹の引かせ方法とは…?

まずは基本の姿勢から見直しましょう。そしてランニングに行う際には、速く走ることより、下腹を凹ませることを徹底的に走ることを意識してみます。

下腹を凹ませながら走るとお腹がペタンコに

下腹を凹ませながら走るとお腹がペタンコ

先ほどの徹底的にお腹を凹ませて走ることによって、2週間から1ヶ月でウエストのサイズダウンや、下っ腹も目立たなくなります。このモデルさんの、もとのサイズがサイズですから、ご本人も本当にびっくりの成果だったそうです。

あんなに色々と頑張っていたのに、どうにもならなかったのは食事に気を付ける事も、マラソンも、下っ腹の筋トレも下っ腹をぺったんこにするにはどれもあまり役に立ってなかったからなのでした。時間や気力、能力をかけなくても、目的を絞り込んで行えば楽に結果を出すことができるのです。

▶ダイエットの記事一覧はこちら

▶骨盤矯正ダイエットの記事はこちら

骨盤矯正でダイエットができます

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP