ダイエットはよく噛んでゆっくり食べるのがやせるコツ

早食いの人ほど太りやすいのはなぜでしょう。 ダイエットして痩せたいのに早く食べていると効率がとても悪いです。

今回はやせるためには、よく噛んでゆっくり食べるのが効果的というお話をして行きます。

お腹いっぱいと思ってからは遅い

食事開始から15から20分後に脳の「満腹中枢」から「お腹いっぱい」という信号が送られます。

早食いの人は、この信号が送られてくる前にすでに食べ過ぎています。

お腹いっぱい

インスリンは糖を脂肪に変える

一度に多くの 量を食べると血糖値が急激に上がり、インスリンが分泌されます。

インスリンは糖を脂肪に変える働きがあるため、インスリンが急激に増えればそれだけ脂肪が蓄えられてしまうのです。

インスリンの役割

顎の運動が満腹中枢を刺激

よく噛んでゆっくり食べると、顎の筋肉の運動神経や感覚神経が満腹中枢を刺激して満腹感が生じます。

少ない量でも満足できるようになるのでダイエットに効果があるので、よく噛んでゆっくり食べる習慣を身体に馴染ませましょう。

よく噛んでゆっくり食べる

よく噛んでゆっくり食べるポイント

・一口につき30回噛むようにしましょう。

・一口を少なめにして、お箸を休めながら食べましょう。

・よく噛まないと食べられないものを選ぶのも一つの手です。

食べるポイント

▶ダイエットの記事一覧はこちら

▶骨盤矯正ダイエットの記事はこちら

骨盤でもダイエットができます

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP