妊娠中や出産後の坐骨神経痛
Dor relacionada ao pinçamento do nervo ciático.

妊娠中や出産後に多く辛い坐骨神経痛(足やお尻のシビレ・痛み)…

先日、妊娠中や出産後の腰痛についてお話ししました。
今回は、妊娠中や出産後の坐骨神経痛についてお話ししていきます。

どうして妊娠中や出産後は坐骨神経痛が多いの?その原因は…?

坐骨神経は腰椎と仙骨から始まりお尻、もも裏に流れている神経で足の運動や知覚をつかさどる神経です。
ママさん以外にもよくある症状ですが、どうしてママさん達に多く発症するのでしょうか?
その前に坐骨神経の流れを下記の図でイメージしてみましょう。

妊娠中や出産後の坐骨神経痛(足やお尻のシビレ・痛み)

腰部や仙骨部から大腿やふくらはぎまで出ている神経です

原因としては、妊娠中お腹が大きくなり腰椎が本来の状態より前方に変位して反り腰になります。
その事により腰椎の後面や側面が狭くなり神経根(神経がでてくる根元)の坐骨神経が圧迫され、もも裏やふくらはぎにしびれや痛みを感じます。
腰椎の後面や側面が圧迫される

腰椎や仙骨の坐骨神経だけが原因ではありません…その名は『梨状筋症候群!』

経験上半分以上の原因は梨状筋症候群!
聞きなれないと思いますが、お尻の筋肉にある筋肉です。
お尻を大きく4つに分けるとしたら
・お尻の表面全体:大臀筋
・お尻の上部:中殿筋
・お尻の中部:梨状筋
・お尻の下部:上双子筋、下双子筋、内閉鎖筋、外閉鎖筋
で分けれます。

中殿筋より下にある筋肉を外旋6筋と呼ばれています。

中殿筋梨状筋上双子筋下双子筋内閉鎖筋大腿方形筋

多いのが上記で示した箇所の梨状筋が負担や筋肉が落ちて重みがかかり硬くなります。
その事により坐骨神経を圧迫されお尻や足がしびれたり痛くなります。

梨状筋とは?その場所

出産後の坐骨神経の根本改善をするには?

イーバランス整体では妊娠中の方の施術はしておりませんので鍼灸をお勧めします。申し訳ありませんが出産後に産後の骨盤矯正と産後のダイエットでより改善しましょう。

産後のママさんは専門整体院のイーバランス整体院にお任せ下さい!
出産後も腰椎が変位して反り腰のままや、梨状筋が硬く坐骨神経を圧迫して放置していれば、なかなか治りません…

1回目から坐骨神経痛の改善の変化がわかるイーバランス整体院にお気軽にご相談下さい。
イーバランス整体院でしたら赤ちゃんと一緒にOKですので、子連れでお越しください。

産後の骨盤矯正はこちらから