大臀筋の役割や機能

【筋肉系#5】お尻の筋肉(臀筋群) の大殿筋ってどんな筋肉?

お尻の筋肉は股関節を動かす筋肉です。 股関節を動かし、外側や後方などに動かす筋肉がたくさん集まった筋肉群です。 

股関節を動かす筋肉はたくさんの小さなグループに分けることができます。
深層外旋筋群は臀部の深層にあります。股関節内転筋群は大腿の内側部のほとんどを占めています。

股関節外転群は股関節の外側部のあたりにあります。
股関節屈筋群は股関節前面をまたいでおり、股関節伸筋群は股関節の後方をまたいでいます。

大臀筋の位置

大殿筋はお尻の表面を大きく被っている筋肉です

大殿筋の機能は股関節の強力な伸展と外旋 

大臀筋は人体の中で最も強力な筋肉の一つです。
中殿筋の表層に位置していて、大臀筋の筋繊維は腸脛靭帯に停止する前に大腰筋膜腸骨仙骨を大腿骨大転子と繋げています。大臀筋は大きな筋肉であり、その機能も多岐にわたります。

動的には歩行や座っている状態から起立する時に、股関節を伸展させる役割があります。
また、走るなどの動作の際に力を与えます。

下肢が固定されている時は、大殿筋はハムストリングスとともに骨盤を後方に引いて、膝と足のライン上に置き、体をまっすぐ維持します。
このヒップ・ヒンジングの機能は荷重運動時に特に重要となります。 

姿勢的には大臀筋は骨盤、臀部、膝を固定します。
また、大臀筋は腹直筋と働いて骨盤を後傾させることにより、腰方形筋大腰筋腸骨筋、その他の股関節伸展と平衡を保ちます。

大臀筋が弱くなると骨盤の前傾をきたします。それにより反り腰にもなり慢性的な腰痛を引き起こす可能性があります。

また、股関節の屈曲の委縮、緊張は骨盤の後傾を引き起こす可能性があります。
大臀筋の遠部位は厚みがある腸脛靭帯を通して臀部外側と膝を安定させます。
強力な靭帯にサポートされているため、この部分の靭帯の障害はとても稀です。

大臀筋の上方繊維は股関節外転、下降繊維は股関節内転の機能があります。これらの相反する機能によって、臀部の安定性を高めて、矢状面での機能を、つまり股関節伸展の機能を最大限に引き出すことができます。

大臀筋は股関節を外旋させ、体重負荷運動の際には脛骨に対して、大腿骨の位置を保持、キープする役割も持ってます。

大殿筋は起始が停止より上方に行って股関節の後方を走行しているため殿筋粗面が後方へ引かれ、股関節の伸展を起こします。

起始部が停止部より内側にあり、筋肉が股関節の後方を走行しているため、大殿筋が収縮すると大腿骨の後方にある殿筋粗面は後方へ引かれ、股関節の外旋が起こります。

大臀筋の萎縮したり伸長による機能低下とは?

萎縮:大殿筋が萎縮、緊張すると、骨盤が後傾し、つま先が外を向くと関節外旋位の姿勢が表れます。

伸長:大殿筋の伸長によって、骨盤の前傾や股関節の伸展と外旋の機能低下が起きることが多いです。

大殿筋の注目すべき点とは?

ランニングをしたり、階段を上がったりあるいは椅子から立ち上がったりするとき大殿筋は股関節を強力に伸展させます。
大臀筋は歩行においても重要な役割を果たしています。例えば、かかとが地面へ着く度に収縮して、上半身が前そのまま流れるのを止めており、これによって私たちは直立姿勢を維持しながら歩くことができるのです。

大臀筋は主に遅筋繊維(Slow-twitchi fiber)で構成されているため、優れた持久性を持っています。いくつかの単体の筋肉が集まった大、腿四頭筋を除くと大殿筋が人体の中で最も大きな筋肉となります。 

大臀筋はランニング
大臀筋の役割

大殿筋の位置や起始部と停止部

大臀筋は臀筋群の表層に大きくあります

起始:腸骨後面、腸骨稜の後面、仙骨の後面、尾骨の後面

停止:腸脛靭帯、大腿骨の殿筋粗面

大殿筋の触診とマッサージについて

大臀筋は全部の表情にあって、非常に大きいため簡単に触診もマッサージもできます。
上後腸骨棘と仙骨を見つけて、大腿骨後面の近位端へ向かって外側・下方へ触診してください。

揉捏法、軽擦法、強擦法、そして叩打方、肘頭、指圧のすべてがこの大臀筋の効果的な手技です。

もちろん、この部分は敏感な部分でもあるので、患者さんとの信頼関係も大切で、よくコミュニケーションを取る必要性もあります。

大殿筋のストレッチと鍛え方の強化方法

大臀筋は骨盤と大腿骨が接近し、股関節が15°以上進展された時に動きます。
したがって、この筋肉は普通の歩行ではさほど使われることはありません。

この筋肉を使うには、外旋を行った股関節の伸展をする必要があります。

大臀筋のストレッチ

ランニング、ホッピング、スキップ、ジャンプで大臀筋は大変よく動きます。

バーベルを担いのでスクワットでは、この筋肉が力強く収縮して股関節が伸展します。

前傾姿勢か、または腹臥位での股関節の伸展がこの筋肉のトレーニングとして使われます。

股関節を伸展させた状態から、膝を30°以上曲げてハムストリングスを使わずに、股関節を伸展させると大臀筋がよく鍛えられるでしょう。

大臀筋の強化方法

背臥位でストレッチさせたい方と同側の肩に膝が向くように、膝を抱える方法や逆側の方に向けて膝を抱え、股関節を内転させることで、よりストレッチ効果が得られると思います。

お尻のヒップアップ

殿筋群・大殿筋の整体・マッサージやほぐし方・骨盤矯正

●患者は腹臥位をとります
●術者は患者さんの横、腰の位置に立ち、患者さんの方を向きます。
●頭側の手掌を、指先が下を向くように、患者さんの近い方の臀部の上に置きます。
●尾側の手を上で交差させ、その手を患者さんの腰の位置、腸骨稜の上に置きます。
●両手をそれぞれの反対方向に押し、組織をしっかりと押圧します。
●筋筋膜がリリースされ、大殿筋や殿筋群がほぐれたと感じるまで、このストレッチを続けます。

大臀筋マッサージストレッチ

ストリッピング1

●患者さんは腹臥位をとります。
●術者は患者さんの横、胸の横に立ちます。
●手根を腸骨稜のすぐ上、仙骨外側の臀部に当て、拇指を下向きにします。
●手根を使ってしっかりと組織を押圧し、手を筋肉にそって筋肉の下端まで滑らせます。
●前回の開始位置の少し外側から始め、大臀筋の腸脛靭帯への付着部と股関節側面に沿った小殿筋を含む全部全体にいきわたるまで、このプロセスを繰り返します。
●同じプロセスを指の関節あるいは、両手の四指や拇指を重ねてマッサージしても良いでしょう。

大臀筋マッサージ
大臀筋マッサージ2
大臀筋マッサージ3

ストリッピング2

●患者さんは側臥位を取ります。
●下側の足をまっすぐに伸ばし、上側の足を股関節と膝関節で曲げます。
●術者は患者さんの横に立ちます。
●両手の拇指を重ねて臀部の上外側、腸骨稜の上に置きます。
●しっかりと筋肉の組織を押圧し、拇指を下方向に筋肉に沿って大転子の付着部まで滑らせます。

大臀筋マッサージ4

臀部の圧迫方法で患部を確認

●患者さんは腹臥位を取ります
●術者は患者さんの横の腰の位置に立ちます。
●両手の拇指を重ねて、臀部の腸骨稜のすぐ下に置きます。
●しっかりと組織を押圧し、拇指を前後に動かし、圧痛領域を探します。
●しっかり押さえて整体・リリースしましょう。
●このように臀部全体のの臀筋を調べます。

大臀筋マッサージ5

■前方回旋した骨盤の調節方

以下の手順は骨盤前方回旋に影響するすべての筋肉(腰方形筋、臀筋、広背筋、大腿直筋、股関節内転筋)を整体治療した後に行うものとします。

腹臥位骨盤矯正テクニック

●患者さんは腹臥位をとります。
●術者は患者さんの横、腰の役に立ちます。
●片方の手を、指先を下に向けて臀部の腸骨稜の上に置きます。
●もう一方の手を腸骨の下に置き、指先は上前腸骨棘(ASIS)の上に当てます。
●上前腸骨棘(ASIS)を引き上げると同時に腸骨稜を押します。このことにより骨盤矯正の整体になります。

背臥位矯正テクニック

●患者さん背臥位を取ります。
●術者は患者さんの足の位置に立ち、頭方を向きます。
●患者さんに近い方の腕を、患者さんの足に巻きつけて、肩を膝のすぐ下にしっかり押し当てて、手根を上前腸骨棘(ASIS)に当てます。
●患者さんから離れた方の手を入れ、指先は腸骨稜に当てたまま、患者さんの臀部の下に置きます。
●足を患者さんの胸に押し付け、同時に上前腸骨棘(ASIS)を押し上げ、臀部と腸骨稜を下方に引きます。
●その時患者さんに全力の約20%の力で抵抗するようにしてもらえると骨盤矯正の整体ができます。

骨盤の前方位の矯正法

大殿筋の共同筋とは?

股関節の伸展:半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋

股関節の外旋: 梨状筋、上双子筋、下双子筋、内閉鎖筋、外閉鎖筋、大腿方形筋、腸腰筋、縫合筋

お尻の筋肉の詳細

大殿筋の拮抗筋とは?

股関節の屈曲:腸腰筋、大腿直筋、縫工筋、大腿筋膜張筋

股関節の内旋:中殿筋、小殿筋

大殿筋の神経支配と血管供給

神経:下殿神経

血管:上殿動脈、下殿動脈

大殿筋の名前の由来

大臀筋の「大」はこの筋肉が電気の中で最も大きい筋肉であることを、そして「臀」は臀部にあることを意味しています。

大臀筋の位置はどこでしょう?

大臀筋は全部の表層を幅広く覆っています。

お尻の筋肉でお悩みなら当院にお任せ下さい!

▶お尻の筋肉の一覧はこちらから

お尻の筋肉でお困りでしたら下記からご覧ください

イーバランス整体院にお任せ下さい