若さの秘訣|肩甲骨の動きでダイエット効果

「美しい肩甲骨」で若々しく健康に見える後姿になりましょう。肩甲骨の動きが悪くなると肩こりや首の痛み、背中のこりだけでなく、背中に脂肪が付きやすく落ちづらくなります。

そうすると後姿が年をとって、実年齢よりも老けて見えるでしょう。今回はきれいな背中に見える肩甲骨のダイエットについてお話していきます。

背中の代謝

きれいな背中(肩甲骨)の条件とは…?

肩甲骨は「見た目」にも深い関係があります。肩甲骨のこわばりを招くのは猫背や座っている際の姿勢の悪さによるものです。当然、猫背で腰を丸めた姿は「良い見た目」とは言えません。

きれいな背中

これは女性にとって由々しき問題と言えるでしょう。50代も60代もずっときれいでいたいなら、まずはあなたの肩甲骨の「きれい度」をチェックしましょう。

背筋を伸ばし、あごを引いて立った背中を、ご家族か友人にチェックしてもらいましょう。左右の肩甲骨の間の幅が「背骨から指4本分」なら適正な距離(正しい肩甲骨の位置)になります。

さらに、逆三角形の肩甲骨の形が平らに見えているのもポイントです。

歪んでいる肩甲骨の位置は?

肩甲骨の内側だけが手前にせり出していたら、肩側が腕に引っ張られている「肩甲骨外転」の兆候です。その場合は横から見ると肩(腕)だけが前に出ているはずです。

この状態が顕著になると、上腕の上端部「上腕骨頭」が前に出すぎて肩を傷つける原因にもなります。

肩甲骨の位置

背中の脂肪のダイエット方法とは

ポッコリお腹や、太くなった太ももはすぐにわかりますよね?背中は普段、自分ではあまりチェックしづらい(しない)箇所だと思います。

しかし、気づいた時にはブラジャーが食い込むほどの厚みのある脂肪がついてしまい、なかなか落ちない状態になるかもしれません。そのためには「肩甲骨の動きを良くする」ことが大切です。

背中の動き

「肩甲骨のストレッチ」をして、固まった肩甲骨の動きを良くすれば背中の代謝が上がり、痩せやすい環境になりダイエット効果も見込めます。

そして、背骨が後方にズレてしまっている猫背がある場合なら、猫背矯正の整体で背中の歪みを矯正すれば、より一層のダイエット効果が得られるでしょう。

関連記事

最近の記事

  1. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  3. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  5. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  6. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  7. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  8. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

  9. 関節はどのように動くのか?その種類や呼び方とは

  10. 関節包内運動の副運動について

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP