ダイエットへの成功は【上質な睡眠】で効果を促進

寝ることでダイエット効果が加速

睡眠は単に脳や体を休めるだけではありません。体脂肪を分解したり、筋肉を作る成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。

さらに睡眠で体内時計を正常化すると、日中のエネルギー活動や消化活動など、体の代謝活動に良い影響を及ぼします。

不眠や短時間睡眠はダイエットに悪影響

不眠

不規則な睡眠、短時間の睡眠は特に健康面で体調を悪くしますし、美容面でも睡眠が大切であることはよく知られています。

そして、ダイエットにも大変大きな影響を及ぼしてしまいます。

アメリカのコロンビア大学の研究によると、肥満度は7時間から8時間眠る人が最も低いという結果が出ています。逆に5時間睡眠で、肥満率が50%アップ、4時間以下では73%もアップします。

睡眠時間が短いと食欲増進ホルモンが分泌

睡眠時間が短いと太る

眠っていないと「レプチン」という食欲を抑えるホルモンが減り、「グレリン」という食欲増進ホルモンが増えます。

睡眠時間が短いと、これらのホルモンの働きにより、空腹感が増し、高カロリーで味の濃いものが食べたくなってしまいます。

そう、不眠や、短時間の睡眠は美容にもダイエットにも悪影響を及ぼしてしまいます。

睡眠のゴールデンタイムは何時位?

睡眠時間は6時間から8時間が理想です。そして、時間帯でいうと22時から2時の間が睡眠のゴールデンタイムです。

特に、眠り始めの90分から3時間は「余波睡眠」と言われ、代謝や免疫をアップさせる成長ホルモンがこの時間帯に多く分泌されます。

睡眠のゴールデンタイム

短時間睡眠はインスリンの過剰分泌に

短時間睡眠はストレス過多を招き、ストレスホルモンと言われる「コルチゾール」によって継続的に血糖値が上昇することで、インスリンの過剰分泌を招きます。

睡眠時間を確保するために、就寝が近づいたら部屋の照明を落としたり、入浴やエクササイズで一時的に体温を上昇させましょう。

そうすることにより、寝つきを良くして上質な睡眠に導くようにしましょう。

▶ダイエットの記事一覧はこちら

▶骨盤矯正ダイエットの記事はこちら

骨盤矯正でダイエットができます

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP