産後のお尻は硬くなる

実は出産されるとお尻は硬くなる方が多いです!
出産後のケアで骨盤矯正も大切なのですが、硬くなってしまったお尻の硬さをリセットさせる事もとても大切です。

硬いと言っても筋トレをして筋肉がついての硬いとは違い、老廃物が溜まりすぎての硬さなので、良くない硬さです。

当院でも沢山の産後の方を診させていただいていますが、お尻周りが硬くなっている方がとても多い見受けられます。

今回は 『何でお尻の筋肉が硬くなるのか?』『硬いお尻は何で悪いのか?』をご紹介したいと思います。

妊娠中からのお尻の疲労で老廃物が溜まる

出産後にお尻が硬くなる原因は?

まず、『何で産後の方はお尻が硬くなるのか?』 をご説明したいと思います。

妊娠をされるとお腹のお子様の成長と共に骨盤は様々な歪みを作ってしまいます。

その歪んだ骨盤の状態で日常生活をすごしてしまう事で、骨盤を支えているお尻の筋肉に過度のストレスを与えてしまいます。

疲労がどんどん溜まり『老廃物の溜まった硬い筋肉』になってしまいます。

産後の方はかなりの割合で骨盤が歪んでいる方が多い為、お尻の筋肉もセットで硬くなってしまっている方もとても多いのです。

疲労で老廃物

お尻が硬いと何故悪い?

お尻の硬くなりすぎると、まず身体に不調がでてしまう事があります。

お子様を抱き抱える様な前かがみの動作で痛くなるような腰痛やお尻や太ももに「ピキーン」「チリチリ」「ズキズキ」などのシビレがでたりなど、腰から骨盤周りの痛みが出やすくなってしまいます。

ひどい方はギックリ腰、坐骨神経痛など激しい痛みに変わることもあります。

老廃物をためると腰痛にも

産後のケア、産後の骨盤矯正を忘れずに!

今回は産後のケアで大切なお尻の硬さについて、ご紹介させてもらいました。

産後ケアで骨盤矯正も大切なのですが、硬くなってしまったお尻周りの筋肉をリセットさせる事も、 産後のケアにはとても大切です。

お悩みの方は是非当院へご相談下さい。
皆さんも是非【産前より良い状態】を目指して、頑張っていきましょう。

産後の骨盤矯正はこちらから