そのスキンケア間違ってない?|肌にいい本当の方法とは?

年齢を重ねるにつれ乾燥気味になる原因

若い肌

加齢とともに女性ホルモンが減少していくと、肌の乾燥を引き起こすと言われています。年齢や肌の状態によって、ケアの仕方を変えていく必要があります。

洗い方や洗う頻度を見直してみたり、使用するケア用品を変えてみるといいかもしれません。

今回は良かれと思ってやっていても、実は肌に悪いスキンケアの方法を紹介していきます。正しい 肌のケアで、きめ細かく潤いのある肌で若々しくなりましょう。

肌をきれいに保つのは?

肌をきれいに保つのはノーメイク

化粧品をつけてない状態の肌は無防備で、紫外線だけでなく外界からのさまざまな刺激によるダメージを受けやすくなってしまいます。

良質な化粧品を選べば、ダメージよりもメリットの方が大きくなります。最近は UV カットも使用の化粧品も多くあります。最低限のメイクはした方が肌のためになります。

日焼け止めクリームは落とさないのは?

日焼け止めクリームは落とさない

日焼け止め剤は肌を覆うことで、紫外線から肌を守ります。日焼け止め剤もファンデーションと同様に、しっかりとクレンジング剤などで落としてください。

そのままにしておくと、ニキビや肌荒れの原因にもなります。日焼け止めクリームはしっかりクレンジングして落としましょう。

紫外線を完全に当たらないのは間違い

紫外線は浴びたくない

紫外線を浴びすぎるのは、肌にとってよくありません。しかし、紫外線を全く浴びないのも実は体に悪い影響が出ます。

肌に紫外線が悪いと思っていても、それ以外のメリットは紫外線は体内でビタミンDを作るためのエネルギーです。

このビタミンDが体内でカルシウムの吸収を助けるため、不足すると骨が弱くなってしまい骨粗鬆症になってしまう可能性があります。

日焼け対策のやりすぎにも注意して、適度に日光を浴びるのも体にとってはいいことです。

ナイロンタオルでゴシゴシと体を洗う

強く体を洗う

ナイロン素材のタオルで体を洗うと、刺激が強すぎて皮膚にダメージを与えてしまいます。

体を洗う時は、手の平、または手ぬぐいなどの柔らかい素材のもので、やさしく洗いましょう。

日焼けしても放っておけば炎症は治る?

日焼けしても放っておく

日焼けは、やけどと同じ炎症を引き起こしている状態です。長時間の外出などで「日焼けしてしまった」と思ったら、すぐに肌を冷やすことを心がけましょう。

但し、冷やしても日焼けのダメージによるシミやソバカスは治せません。 UV ケア用品で日焼けを予防することが鉄則です。

スクラブ洗顔料は肌に良いのは?

スクラブ洗顔料は肌にとって

スクラブ洗顔料は、粒子によって肌を刺激し、古い角質を取ってくれるというものです。しかし、粒子が肌を傷つけてしまう場合があります。

また、スクラブ洗顔料の粒子に含まれるマイクロプラスチックは、環境汚染の面からも問題となっています。肌や環境にとっては敏感肌用の洗顔料を使いましょう。

▶日々の豆知識の記事一覧 ≫

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP