「酵素」は生きるためには絶対になくてはならないもの

酵素活力

赤ちゃんの頃の酵素は無数あります

生まれたばかりの赤ちゃんの体内には沢山の酵素があると言われています。

しかし、年齢とともに体内酵素は減少してしまい、40代になると20代の頃の半分以下の量になってしまうようです。

酵素の種類・体内酵素、体の中にはもともと2種類の酵素が存在・代謝酵素、生命維持の活動や新陳代謝など・消化酵素、食べ物を分解し吸収しやすい形にする。食物酵素は生野菜・果実、生魚、酵素食品に含まれる。

年齢とともに酵素は消耗していく…

身体が冷える、肌が荒れやすい、ダイエットの効果も出にくい、ストレスが溜まってる、食べ過ぎることが多いなど…
このようなことで、普段の生活の中、酵素を消耗しています

例えば、暴飲暴食をよくしたり、寝る前に食事をすることなどで消化には大量の酵素が使われてしまうということです

年齢とともに減少する体内酵素

体内で作り出される酵素量が少なくなると体調不良につながるとも言われています。

外部から食物酵素をたっぷり補給し、消化酵素の分泌はできるだけ少なく体が十分な代謝酵素を作り出せるように心がけていきましょう。



▶日々のまめ知識記事一覧

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP