ダイエットの間違った情報、知識では効果が出ない

あなたは間違った情報や知識を信じていませんか?

情報が多すぎる昨今、それを信じてダイエットを色々試しても効果がないばかりか、体の害になるものも多々あります。

正しい知識で、あなたの身を守って効果のあるダイエットをおこないましょう。

ダイエットのためにはカロリーを制限するべきは間違い

ダイエットのためにはカロリーを制限

果物だけでダイエットするのは間違い

果物でダイエット

果物も摂り過ぎれば肥満の原因になります。果物にはビタミンCやA、抗酸化物質のポリフェノール、腸をきれいにする食物繊維など、体にいい栄養素が豊富です。

でも、甘味成分の「果糖」はブドウ糖よりも中性脂肪になりやすく、内臓脂肪として体にたまります。同様に肝臓にも脂肪が溜まり、「脂肪肝」になります。

危険なのは果物だけを食べるダイエット(朝は果物だけもNGです)タンパク質を取らず運動もしないと筋力が衰え、病気に対する免疫力も弱まってしまいます。

コラーゲンでお肌がプルプルになるのは間違い

肌にいいコラーゲン

コラーゲンを食べても、そのままコラーゲンは肌に移行しません。コラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚の下で肌を支えています。骨や軟骨、血管などに弾力性があるのも、コラーゲンのおかげです。

コラーゲンは消化される時、アミノ酸に細かく分解され、そこから体に必要なたんぱく質が再合成されるので、全てが皮膚のコラーゲンになるとは限りません。

コラーゲンに頼りすぎず、良質なタンパク質をバランスよく摂るようにしましょう。もちろん基本は清潔と保湿が一番ですね!

ココナッツオイルを摂取すれば認知症を予防できるのは間違い

ココナッツオイルは太る

健常者がココナッツオイルを摂りすぎると、肥満の原因になります。脳の主なエネルギー源はブドウ糖です。しかし、アルツハイマー病などの認知症にかかると、脳の神経細胞はブドウ糖をしっかり回すことができなくなります。

そのため、脳がガス欠を起こしてしまい、認知機能が低下してしまうのです。ところが、認知症を発症した脳でも、「脂肪からつくられるケトン体」なら代替エネルギーとして活用できることが分かっています。

ココナッツオイルは、主成分が「中鎖脂肪酸」がケトン体にすばやく変わって脳に届くので、認知症の症状を軽減できるということで、注目されていることもあります。

ただし、糖質を制限していない健常者がココナッツオイルを取っても、実はそれほどメリットが期待できません。中鎖脂肪酸は燃えやすくても、その分だけ余剰エネルギーになるので、取り過ぎは肥満の原因になります。

お肉は太るから食べない方がいいというのは間違い

お肉は太るのは間違い

調理の工夫で脂肪分は落とせてダイエットにもつながります。お肉は体に必要な大事なタンパク源です。

また、筋肉を形成するのにも大事な栄養素です。筋肉がやせ細れば脂肪を燃焼しずらくなるので、筋肉量は短オア苦言を摂取して、なるべく維持するように心がけましょう。

お肉でも、蒸す、茹でるなど調理の工夫で脂肪分を落として食べれば、肥満を心配する必要はありません。ただし、お肉ばかりを大量に食べ続けると、大腸がんのリスクがアップしてしまう可能性があります。

赤身肉を加熱した時にできる成分の一部に、発がん作用があるためです。アジ、イワシなど背中の青い魚は、「動脈硬化」を防ぐオメガ3系の脂が豊富な健康食材です。肉と魚を交互に食卓に乗せて、バランスよくとりましょう。

ダイエット中でも低カロリー飲料なら安心というのは間違い

低カロリー飲料

これはかえって太ってしまう可能性があります。ダイエット中にまず注意したいのは。スポーツ飲料です。500ミリリットル中に、20から30gの糖質が含まれ、80から120カロリーに相当します。

低カロリー飲料も、表示に要注意しましょう。熱量が5カロリー未満なら、「カロリーゼロ」、糖質も0.5g未満なら「無糖」と表示できるので、飲みすぎると肥満のもとになってしまいます。

また、砂糖の代わりに使う人工甘味料の強烈な甘味に慣れると、余計甘いものが欲しくなり、かえって太る人が多いことも見逃せません。

▶ダイエットの記事一覧は ≫

▶日々の豆知識の記事一覧は ≫

イーバランス整体院院長

『資格:整体師』
整体師歴26年
〈略歴〉
1998年3月 ナショナル整体学院卒業
1988年4月 天祖鍼灸整骨院勤務
2000年6月 オアシス整体院勤務
2010年1月 ラクシア整体院勤務
2013年6月 イーバランス整体院開院
現在に至る
志木駅東口イーバランス整体院は骨盤矯正や骨格矯正で腰痛や肩こりを改善します。特に産後の骨盤矯正は好評です。

『皆様の症状を親身に考え心を込めて整体や骨盤矯正を致します』お気軽にご相談下さい。

関連記事

最近の記事

  1. あなたの抱っこは間違ってる?身体の負担を減らす3つのポイント

  2. 身体の不調を軽減!外回りが多い女性に気をつけほしいベスト3

  3. 前脛骨筋(ぜんけいこつきん)はどんな役割の筋肉?

  4. 頭のツボ②「翳風(えいふう)」はどんなツボ?見つけ方と効果

  5. 頭のツボ①百会(ひゃくえ)はどんなツボ?その効果とは?

  6. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  7. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  8. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  9. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  10. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP