悪い習慣を見直して脳を若返らせる食事と料理

脳の老化は外見以上に、そして驚くほど個人差が大きく、40代に差し掛かるころには大きな差がついています。

なぜなら、脳の老化は早ければ10代のころから始まっているからです。

特に「自分をしっかり持っている人」は要注意です!「私のライフスタイルはこう。私の生き方ってこう」と、決め付けている人は、そこで思考が止まってしまい、脳が成長する機会を逃しているため老化しやすいです。

今回は脳にいい刺激を与える習慣、食事方法・料理方法を紹介していきます。

脳の老化

いつも同じ調理法で食べるのは良くない習慣

健康のためにバターは使わない、ゆで野菜しか食べない、というように同じような調理法ばかり選択するのはお勧めできません。

それ自体は健康に良くても、同じ調理方ばかり続けると脳が活性化しなくなります。なぜなら、脳にやる気を起こさせるドーパミン系の脳内物質は、新しいものに接しない(新しい刺激がない)と活性化しないからです。

料理方法

テレビを見ながら食事をするのは悪い習慣

多くの人がついやってしまいがちな習慣ですね。なぜ脳に良くないのでしょうか?

それは、テレビを見ることは、脳にとって1番負荷がかからず楽なことだからです。脳が受け身の状態になっているとも言えます。

これでは食事をしていても、脳はほとんど使われることがないので、食べることで感じるはずの喜びを体験することができなくなってしまいます。

テレビを見て食事

ひたすら黙って食べるのは悪い習慣です

子供のころに「食べながら喋らない!】と両親から注意を受けて育った人も多いと思います。喋りながら食べるのは行儀が悪い、消化に良くないと言われてきました。

しかし、みんなで雑談を交えながら、ワイワイ食事をするほうが、脳のいろんな回路がいっせいに使われるため、脳を若返らせることができます。反対に、黙って食べる習慣を続けることは、脳の老化につながってしまうかもしれません。

黙って食べる

脳を若返らましょう「人間関係編」≫

脳を若返らせる「生活習慣編」≫

▶日々の豆知識の記事一覧 ≫

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP