ため息をつく効果は?気分転換やストレスにいい理由

ため息をつくと幸せが逃げるなんて昔の話

「ため息をつくと幸せが逃げる」とかため息にはネガティブなイメージがついていますね。

確かに、疲れやストレスを抱えているとき緊張を感じているときなど、無意識にため息がでてしまうことがありますね…

ため息ついて落ち込む

その為、たくさんの空気を取り込み、改善を図ろうと、自然とにでため息をつくようです。

でも最近は、ため息をついて得られる効果も多いとかため息がプラスに働くことも多いようです。

ため息はリラックス効果のある腹式呼吸

ため息をつく前にはいつもの呼吸よりも多く息を吸っています。

自然とたっぷりと吸い込んで「はぁ~っ」っと思いっきり長く吐ききるのが効果的。血行も促進され脳内にも酸素を供給…

息を吐く時間が長い方が副交感神経の働きを促しますのでリラックス効果をもたらします。

ため息ついてリラックス

意識して行うと頭がスッキリして気分が変わった感じが分かります。

また、ホルモンも活性化される効果もあると言われています。

▶日々のまめ知識記事一覧

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP