熱中症予防するには?渇きを感じる前に水を飲みましょう

人間の体内の水分量はどれくらい?

人間の体内水分は新生児で70%から80%はありますが、加齢とともに50%程度まで低下します。そして、一般的な成人では50%から70%を占めています。

水分は体温調節に加えて筋肉活動や血液によって栄養素を全身に運んだり、老廃物を汗や尿とともに排出したりする大切な機能を担っています。

体内の水分量

成人は1日に2リットル以上の水分を失っている

成人では1日2リットル以上の水分を失っていますが、意外と意識していないことが多いのが現状です。

ダイエットだけでなく生命維持の基本にも欠かせないのが水分量です。

水分量を失う

就寝時には約300CCの水分が失われます

寝ている時でも、体から汗となって体外へと水分は失われていきます。

起床時には水分を補給して血流を促し、身体の代謝を上昇させましょう。

水分量

のどの渇きを感じる前に水分補給を意識

昼間は喉の渇きを感じる前に水分を補給しましょう。

喉が渇いたと感じる時にはすでに脱水症状になってる場合があります。

体脂肪や老廃物を滞りなく排出させるためにも十分な水分補給が必要です。

水分補給

水分補給をするポイントとは?

・水分はこまめに少しずつ補給するのがポイントです。

・一気に水分を飲んでも、身体が吸収できないので、こまめに少量ずつ飲むのを意識していきましょう。

水分補給のポイント



▶日々のまめ知識記事一覧

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP