ダイエットに成功するためには腹八分目以下にする

食事を低カロリーにするよりも、食事量を減らすことです。

そして食事を減らすには、お腹いっぱいになるまで食べずに「腹八分目」でやめることが 大切です。

過食が続くと胃が大きくなる

過食が続くと胃が大きくなって、日常的に過食になりやすくなります。

絶えず「大食い」でも、絶えず「少食」でも、胃は食事量を感知して膨張度合いを調整するからです。

満腹

胃と脳内摂食中枢を慣れさせる

胃が大きくなってしまっても安心してください。しばらく少食を続けていると、胃はその分量を受け入れて、リセットしてくれるようになります。

胃と脳内摂食中枢が慣れて、腹八分でも十分満足できるようになるのです。

胃と脳内摂食中枢を慣れさせる

いつも満腹にしないクセをつける

また腹八分目は、いつも満腹にしないことでエネルギー不足に導き、体内貯蔵エネルギーである体脂肪を燃焼しやすくします。

腹八分目

腹八分目にするポイント

腹八分目のポイント

・お腹が空いているのを我慢していると食欲が余計強くなる。

・3食の時間配分を考え、空腹になる前に食事を補給するようにするのがポイント。

▶ダイエットの記事一覧はこちら

▶骨盤矯正ダイエットの記事はこちら

骨盤矯正でもダイエットができます

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP