ダイエットをしたければ間食(おやつ)習慣をやめる

朝昼晩の食事を減らしていても、間食をしていればダイエットは台無しです。

間食で食生活の良し悪しが判断できる

ダイエットおやつ

朝昼夕の食事をしっかり食べていると、自然と間食が減ってきます。ダイエットのために食事量を減らしても、きちんと栄養を取っていれば間食は増えないはずです。

間食をしてしまうのは、食事が充実していないからです。

空腹感は脳からの信号です

空腹感は脳からの信号

空間は体内の栄養不足を補うための脳からの信号です。でも、間食として選ぶ食品は糖質過多になりがちで、体が求める栄養素を満たしていません。

間食には栄養を考慮した食品よりも、嗜好品(甘味食品や飲料)を選ぶ傾向があり、余計な糖分を摂取するリスクが高くなります。

また、間食をすると同時に、清涼飲料水(ジュースなど)を取ってしまうことも問題です。

糖質過多の食生活は太りやすい

間食は太る

間食習慣は糖質過多の食生活になり、太りやすい体づくりを助長してしまいます。朝昼夕の食事をしっかり食べて、間食習慣をなくしましょう。それでも食事の間隔があいてしまって小腹が空いた時には、糖質が少なく低GI値の食品を選びましょう。

甘いお菓子や、スナック菓子は避け、抗酸化成分を補えるものを間食として食べ、ダイエット中に不足しがちな栄養素を補給しましょう。

間食(おやつ)におすすめ食品

間食(おやつ)におすすめ

■チョコレート(カカオ70%以上)

ポリフェノールが豊富なチョコレート。原材料のカカオ豆には抗酸化成分が含まれています。皮膚の代謝を助ける亜鉛を含有しています。

■チーズ(カルシウム補給)

骨の素材となるカルシウム満点の発酵食品です。

■煮干し(多様なミネラル)

まるごと食べられる煮干しや小魚には鉄、ミネラル、カルシウムなどが豊富です。

■茎わかめ・あたりめ(栄養豊富で低カロリー)

茎わかめは食物繊維カルシウムカリウムなど栄養満点です。あたりめは生のイカより低カロリーです。

■ ゆで卵(腹持ちがよい)

ビタミンB群をはじめ、栄養素をたっぷりの万能食材です。味付けは塩・こしょうでシンプルに…

■アーモンド・くるみ(良質な脂質)

ビタミンE、良質な脂質α-、リノレン酸などが豊富です。素焼きのものを選びましょう。

■NGおやつ

フルーツやナッツを練り込んだデザートチーズは糖質が高めです。ホワイトチョコ、ミルクチョコは控えましょう。カカオの摂りすぎも注意しましょう。

▶ダイエットの記事一覧はこちら

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP