妊娠中と出産後のシミは消える?なぜできる?原因と改善方法

長男を妊娠していた頃から顔にシミができるようになりました。現在、出産後8ヶ月経ちましたが、さらにひどくなったような気がします。一度できてしまったシミは取れないのでしょうか?という相談がありました。

今回は出産後のシミの改善方法や予防方法、改善方法を解説していきます。

シミ改善

出産後のシミの原因とは

かゆみ、かぶれやすいなど、妊娠中に皮膚のトラブルはつきものですが、シミもその一つです。

シミは一般的には、出産後に取れてくることが多いのですが、中には残ったり、悪化したりするものがあります。顔のように太陽の日に当たる部分の場合、妊娠だけでなく紫外線の影響も大きいと言われています。

妊娠中、化粧品の香りが気になって、薄いメイクにしていたり、出産後赤ちゃんとのお散歩などで日差しに当たる機会があっても、ご自身の日焼け対策まで手が回らないといったことではないでしょうか。

産後のシミの原因

産後のシミの予防方法

日本では真夏以外に3月から10月はかなり紫外線が強く、またアスファルトの多いところでは、その反射 光にも気を使わなければなりません。

まず、予防としては帽子や日傘だけでなく、反射光に対する日焼け止めクリームが必要になります。

シミ予防

産後のシミの改善方法

日焼け止めクリームの使用方法は、皮膚科の専門医の指導をお受けになるとよろしいでしょう。

また、治療法には剥削術、液体窒素法、レーザー治療、内服薬、外用剤などいろいろありますが、これも皮膚科の専門医に相談されることをお勧めします。

シミの治療

▶産後のお役立ち記事の一覧は ≫

産後の骨盤矯正はしましたか?

産後の骨盤矯正

お悩み解決しますイーバランス整体院

関連記事

最近の記事

  1. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  3. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  5. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  6. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  7. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  8. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

  9. 関節はどのように動くのか?その種類や呼び方とは

  10. 関節包内運動の副運動について

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP