僧帽筋は首~肩、背中にあります

今回は僧帽筋について詳しく説明していきます

僧帽筋はよく肩こりや首のこりに耳にする首~肩、そして背中にある幅広い範囲で作用する大きな筋肉です。

日々の生活や仕事で非常に酷使されている僧帽筋…
今回はその僧帽筋について詳しく説明していきます。

肩こりになりやすい僧帽筋

僧帽筋はどういう筋肉?その機能、作用は?

首から肩、背中に大きくある僧帽筋は大きく分けて上部、中部、下部の3カ所に分けられます。その各部の作用をご紹介していきます。

僧帽筋上部中部下部

上部の僧帽筋の作用について

上部の僧帽筋は、筋力としては中部や下部に比べて割と関わりは少なく頸部の動きに対してはあまり作用していないとされています。どちらかというと鎖骨を引き上げに作用します。

頸部を作用する筋肉は他に主要となる筋肉は胸鎖乳突筋や頚板上筋などがありますがこの筋肉に関しては、また後日にお話ししていきます。

中部の僧帽筋の作用について

中部の僧帽筋は結構しっかりしていて、筋力も強く作用としては肩甲骨を引き上げる、肩甲骨を内転させたり上方に回旋させる作用があります。
デスクワークの仕事中にキーボードを打ったり、マウスの操作等でこの動作をする事が多く非常に肩がこりやすい中部の僧帽筋です。
イーバラン整体院にお越し頂いている患者さんの肩こりの症状の方はこの部分に問題がある事が多いです。
僧帽筋の中部の負担が掛かっている箇所を見極めて肩こりを改善していきます。

下部の僧帽筋の作用について

下部の僧帽筋の作用としては肩甲骨を内転(肩甲骨を内側に引き付ける動作)や肩甲骨を上方回旋(肩甲骨の肩甲骨基部を中心に肩甲骨の上部が内側に動き、そして肩甲骨の下部が外側に動く動作)の補助筋として作用しています。

また、小胸筋同時に動くことにより肩甲骨を下方に引き下げた状態で保持します。
それは、小胸筋が肩甲骨の外側をそして僧帽筋下部が肩甲骨の内側を各々下方向に引くことで肩甲骨を下方に保持することが可能となるのですね。

地味に動いていますが日々の生活で非常に負担をかけている筋肉です。
また、猫背になっていても僧帽筋の下部は負担がかかり、こりやすい部分でもあります。

3つの僧帽筋が作用するとどうなるのでしょうか?

僧帽筋の上部、中部、下部のすべてが一緒に作用すると肩甲骨が上方回旋と内転を同時に作用します。

腕をコントロールする三角筋をよりスムーズにそして肩甲骨を安定させるため補助する役目もあります。

また、腕を外に広げたり(水平挙上)引き下げたりする筋肉は他にもありますが、腕を頭の上まで(万歳の状態)持ちあげる事が出来るのは僧帽筋のみとなります。この動作に対して僧帽筋のみ作用しているのはとてもレアな筋肉と言えるでしょう。

そして、例えば手さげバックを手に持っている際には無意識にそのバックを引き上げようと力を入れます。
腕に重みがかかると腕につながっている肩甲骨がおのずと下に引っ張られます。
その際に上に持ち上げようと、この僧帽筋の上部、中部、下部が一所懸命頑、張っているのです。

僧帽筋は私たちの生活や仕事に非常に役立っています。

僧帽筋は腕を上に持ち上げる
僧帽筋は肩を引き上げる

僧帽筋が委縮するとどうなるの?

僧帽筋が委縮することにより肩甲骨が挙上して(上方に保持)肩全体をすくめたような姿勢になります。僧帽筋の上部が委縮してしまうと肩甲骨が内転して肩が後ろ側に光れた状態になります。
その姿勢の状態になると肩甲骨の外転が難しくなってしまいます。
僧帽筋下部の委縮により、肩甲骨の挙上や下方回旋の機能低下につながります。

僧帽筋が伸長するとどうなるの?

●僧帽筋上部が伸長すると、肩のラインが下がってしまいます。
その事により肩甲骨の挙上の機能低下につながります。
●僧帽筋中部が伸長してしまうと肩甲骨が完全に内転することが出来なくなってしまいます。
●僧帽筋下部が伸長すると肩甲骨の上方回旋の動きが出来なくなってしまいきのうの低下につながります。

僧帽筋の名前の由来は?

僧帽筋の名前の由来は左右の僧帽筋を合わせると“台形”(不等辺四辺形)の形になります。「カプチン修道会」の修道服の頭巾(カプッチョ, イタリア語:cappuccio)に由来するそうです。その印象的な頭巾から人々が呼んだものが正式な名称となりました。また、カプチン修道会は オマキザル属やカプチーノ、 僧帽筋の命名の語源ともなっている。

僧帽筋の始まり(起始部)

僧帽筋上部=後頭骨と功靭帯
僧帽筋中部=第7頸椎と第1~第3胸椎の棘突起
僧帽筋下部=第4~第12胸椎の棘突起

僧帽筋の終わり(停止部)

僧帽筋上部=肩甲骨の挙上
僧帽筋中部=肩甲骨内縁と肩甲棘上縁
僧帽筋下部=肩甲棘内縁端

僧帽筋の機能

僧帽筋上部=肩甲骨の挙上
僧帽筋中部=肩甲骨の挙上、肩甲骨の内転、上方回旋
僧帽筋下部=肩甲骨の挙上、肩甲骨の内転、上方回旋

▶僧帽筋の症状で肩こりや首の痛みでお悩みの方はイーバランス整体院にお任せ下さい!詳しくはこちらから