妊娠初期から出産を楽にするため意識する事

初めて妊娠して出産するにあたって、不安がたくさんあると思います。

今回はその出産に向けて、ママの体に耳を傾けて少しでも楽な出産になるように過ごしましょう。

出産の不安

ママが楽になれば赤ちゃんも楽に

お腹の赤ちゃんのことを考えると、嬉しい反面、出産までにあれもしなきゃこれもしなきゃと、つい無理をしてしまいます。

でも、今やあなたの体はあなただけのものではありません。赤ちゃんのものでもあります。ですから今まで以上に、自分の身体と心を大切にして欲しいと思います。

つらい時は周りのサポートをたくさん受けることも必要でしょう。ママが楽になれば、赤ちゃんも楽になります。そうすると体の不調も軽くなることがあります。

それまでは自分の事なんて考えてこなかった、無理ばっかりしてきたという人もこういう時だからこそ、ゆったりとメンテナンスしてほしいものです。

つわり

体重増加は肥満ではありません

妊娠中の体重増加

3000gほどの赤ちゃんを生むのにどうして10㎏も増えてしまうの?と思う人がいるかもしれません。それは赤ちゃん以外にも、子宮や胎盤、乳房が大きくなっていくからです。

また、赤ちゃんを守るための羊水をはじめ、出産、授乳に備え血液や皮下脂肪も増えてきます。こうした体重増加は決して肥満なのではなく、とても自然で重要なことなのです。昔は食事制限をしないと、食べ過ぎる人が多かったのですが、最近は食の細い人が目立ちます。

体重の増えすぎも良くないですが、痩せすぎも心配です。マタニティビクスやヨガ水泳などをする人も増えてきていますが、これらはダイエットのためではなく、適度な運動をするためのものです。何事もやりすぎると体には帰って負担になってしまいます。

「10キロを超えないよう、お医者さんから厳しく言われた」という人もいますが、個人差の部分も大きく体の状況を踏まえて、よく観察していきましょう。

▶妊娠&出産の記事一覧

▶ママさん達の豆知識の記事一覧

▶産後の記事一覧はこちら

▶産後の骨盤矯正はこちら

出産したら産後の骨盤矯正を

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP