妊婦さん必見!妊娠中からできる安産のための体作り

食事だけじゃなく妊娠中は適度な運動も欠かせません。

といっても特別なものがあるわけでもなく、まずは、日常の動作をしっかりと行うことが大切です。

今回は安産のための体作りを紹介していきます。

安産には正しい姿勢を保つ

妊娠中は姿勢をよく

まずは姿勢をキレイに保ちましょう。立つ、歩く、身体全体をちゃんと使って、家事や掃除をするなどです。また、身体の柔軟性を持った方がお産も進みやすく、産後のおっぱいの出も良くなります。

おすすめなのは、肩回し、背中のほぐし、四つん這い、その場足踏み、フラフープのように腰を回すなどです。

安産の近道は歩くことです

正しい姿勢や、体をほぐすストレッチは、マタニティ教室など体感できれば良いですが、最も簡単で経済的なのが、歩くことです。毎日30分程度もしくは1週間に1度2時間ぐらいの空気の良い道をお散歩できればいいと思います。

妊娠中の運動

出産後にも体力をそ備えておく

妊娠中の体力づくり

出産は自分の体で起こることです。また出産後に子供を抱っこする時は、腕の力や体力も重要です。

だからこそ、今からの体作りがそのまま満足のできる出産、授乳、育児へと実を結んでいくのです。

▶妊娠&出産の記事一覧

▶ママの豆知識の記事一覧

▶産後の記事一覧はこちら

▶産後の骨盤矯正はこちら

出産したら産後の骨盤矯正を

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP