BMI値で測れない良い肥満と悪い肥満の違いとは?

ダイエット中は目に見える成果が欲しくなり、体重減 かりを求めたり、BMI値が正常範囲に入るかどうかを気にする人も多いはずです。

しかし、数字では測れない肥満もあることを知っておきましょう。

BMI値

本当の肥満と危険の予兆

現在では「太っている=不健康」というイメージがありますが、実はそうとも限りません。昔でいう「固太り」つまり、太っていてもがっちりと体が締まり、筋肉がしっかりついた状態は、健康的な肉体そのものです。

格闘技の選手や相撲の力士、そして元気な子供に見られる体型のことであり、ぷよぷよしてだらしなく、動きも 鈍い太り方とは違います。医療の世界でも単に体重が多いことだけでは肥満という診断はしていないと思います。

固太り

固太りの場合のBMI値は

固太りの場合、肥満を判定する基準として使われるBMIでは25を超えてしまい、肥満とされることもあります。

これはBMI値25以上になると、脂質異常、高血圧、高血糖などの発症率が2倍になるというデータがあるための診断基準ですが、脂質も血圧も基準値以下で他に問題がなければ体重が多くてもOKなのです。

肥満が原因の健康障害があれば

逆にBMIが25以下で
・腹囲が男性で85cm以上
・女性で90cm以上
・肥満を原因とする健康障害がある、もしくは今後 そうなることが予測される人。

BMI指数

これらのいずれかが当てはまる人は、医学的には肥満症としてすぐに減量を始め、医学的な治療を行う必要があると診断されます。これは、基準値より腹囲が小さくても肥満が原因の健康障害があれば、肥満症と診断されるものです。

確率的な数字だけを基準とせずに様々な角度から、健康面での恐れがある人を見つけ出す取り組みです。BMI値だけで一喜一憂するのは間違いだという良い例ですね。

体のバランス気になりませんか

骨盤矯正ダイエット
イーバランス整体院院長

『資格:整体師』
整体師歴26年
〈略歴〉
1998年3月 ナショナル整体学院卒業
1988年4月 天祖鍼灸整骨院勤務
2000年6月 オアシス整体院勤務
2010年1月 ラクシア整体院勤務
2013年6月 イーバランス整体院開院
現在に至る
志木駅東口イーバランス整体院は骨盤矯正や骨格矯正で腰痛や肩こりを改善します。特に産後の骨盤矯正は好評です。

『皆様の症状を親身に考え心を込めて整体や骨盤矯正を致します』お気軽にご相談下さい。

関連記事

最近の記事

  1. あなたの抱っこは間違ってる?身体の負担を減らす3つのポイント

  2. 身体の不調を軽減!外回りが多い女性に気をつけほしいベスト3

  3. 前脛骨筋(ぜんけいこつきん)はどんな役割の筋肉?

  4. 頭のツボ②「翳風(えいふう)」はどんなツボ?見つけ方と効果

  5. 頭のツボ①百会(ひゃくえ)はどんなツボ?その効果とは?

  6. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  7. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  8. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  9. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  10. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP