失敗しなダイエット方法とは?リバウンドの原因とコツ

体にはセットポイントが備わっていて長期間維持している『適正体重』にセットされています。

リバウンドの原因はダイエットを強いるから

ダイエット中に徐々に体重が増えてくるとセットポイントが崩れて、減体重へとリセットされてしまい、体重は簡単には戻らなくなります。

リバウンド

無理なダイエットはかえって危険

それでも短期改善を目指して、極端な食生活や無理な運動を続けると、筋肉量や骨量が減ることで体重は減りますが、体重を元に戻す作用が強くなります。

無理なダイエット

一度減った筋肉は、簡単には戻らないことから、栄養は体脂肪として蓄積されやすくなり、体重は以前と同じになったとしても「見かけの体型は一段と太りやすく」なります。

これが「リバウンドのメカニズム」です。

ゆっくりダイエットをしましょう

最初から極端な減量を目指すのではなく、6か月間継続可能なダイエットを考えます。

まず、3週間ごとに見直しながら無理せず、4クール繰り返して12週間継続させましょう。その後の2か月半はそれを維持することが、リバウンドを最小限に防ぐコツになります。

ダイエットのコツ

▶ダイエットの記事一覧はこちら

▶骨盤矯正ダイエットの記事はこちら

骨盤矯正でダイエットができます

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP