大腿四頭筋の外側広筋の働き|触診方法と痛みをとるほぐし方

外側広筋は大腿四頭筋を形成してる筋肉の一つです。外側広筋の線維は大腿骨後面の垂直に隆起している大腿骨粗線外側から大腿外側を包みこんでいます。

今回は大腿四頭筋の中の外側広筋を詳しく解説していきます。

大腿四頭筋の外側広筋はどんな筋肉?

外側広筋作用

外側広筋の厚い斜走線維は腸脛靭帯の深部に位置し、前面の膝蓋靭帯で他の大腿四頭筋と合流しています。腸脛靭帯は下部の外側広筋の筋膜と癒着を起こすことがよくあります。

外側広筋、中間広筋、内側広筋の機能は膝関節の伸展だけです。大腿直筋もまた膝の伸展に関わっています。立つ、ものを持ち上げる、飛ぶ、蹴るなどの動作は、強くバランスの取れた大腿四頭筋の機能を必要としています。

外側広筋は内側広筋と比べて発達が著しく、より強い機能の筋力を持っています。この不均衡は膝の屈曲および伸展時に、膝蓋骨が正しくまっすぐ滑らない原因となります。

つまり膝蓋骨が大腿骨溝で外側に引っ張られ、関節面の軟骨が摩耗し、膝関節に痛みを引き起こしています。この膝関節の摩耗がひどくなると変形性膝関節症になってしまう可能性もあります。

もし過度の筋肉間の不均衡があると、膝蓋骨が大腿骨溝から完全外側変位となり脱臼が起こります。Q角が大きい個人ほど、この膝蓋骨の外側牽引力が大きくなります。Q角は大腿骨の骨に対する位置と、脛骨粗面の位置で決定されます。

正常なQ角は5°から15°であり、骨盤が広いため、通常は女性の方が男性よりも大きいです。

Q角

大腿四頭筋の外側広筋の名前の由来

外側広筋の「外側」はこの筋肉が大腿四頭筋の中でも最も外側に位置することを、そして広筋の「広」は、とても大きいということを意味しています。

大腿四頭筋の外側広筋のラテンの書き方

『Vastus Lateralis』・vast:ラテン語の「大きい」・lateral:ラテン語の「外側」を意味しています。

外側広筋位置と起始停止部は?

外側広筋の位置と起始部・停止部

外側広筋の位置

・大腿四頭筋群は大腿部の前面にあります。具体的に言うと、外側広筋は大腿部の前外側にあり、大腿部の外側を後方から前方まで被っています。外側広筋は大腿部の外側にある唯一の筋肉です。

外側広筋の起始部

・大腿骨大転子・殿筋粗面・大腿骨粗線近位外側唇

外側広筋の停止部

・膝蓋靭帯を通過して脛骨粗面 

大腿四頭筋の外側広筋の作用は

・膝関節の伸展

外側広筋の役割とは?

外側広筋は膝関節の前面を通過し、起始部が停止部よりも近位にあるため、この外側広筋が下肢を大腿に向かって前方に引くことで、膝関節の伸展が起こります。

外側広筋は腸脛靭帯と癒着しやすい

外側広筋はその表層にある腸脛靭帯と癒着を起こしやすいので、外側広筋をほぐすマッサージ方法としては強擦法が効果的です。

また、中間広筋の記述も参考にしてください。

外側広筋の触診方法

外側広筋の触診は簡単ですが、他の大腿直筋、内側広筋、中間広筋を区別できるよう、触診しましょう。どの筋肉も、膝蓋骨の上方の付着部を触診できます。

大腿直筋(筋肉の束の構造は単羽状)の起始は、大腿の外側と、内側です。中間広筋は直接触診できません。今回は下記のような外側広筋の触診方法を紹介します。

外側広筋のの触診方法

肢位:
患者さんに仰向けになってもらいます。

1:患者さんの横に腹部に面して立ち、手で大腿骨の大転子を確認します。

2:手を大腿外側に向かって遠位方向に滑らせます。

3:腸脛靭帯の深層にある外側広筋の斜走線維を触知します。

4:筋肉の場所を確実に把握するために、負荷を加えながら患者さんに膝の伸展を行ってもらいます。

大腿四頭筋のほぐし方、マッサージを紹介

大腿部前面の外側にある外側広筋の筋腹には軽擦法、揉捏法、強擦法、そして叩打法のすべてが有効的な手技としてよく用いられます。今回は下記のような大腿四頭筋の各部位をほぐすマッサージ方法を紹介します。

大腿四頭筋のほぐし方①ストリッピング

1:患者さんに仰臥位をとってもらいます。

2:施術者は患者さんの横、大腿の横の位置に立ちます。

3:手根、拇指、または四指を、大腿四頭筋腱の膝蓋骨への内側付着部に置きます。

大腿四頭筋のほぐし方、マッサージ

4:しっかりと組織を押圧し、大腿骨上部の付着部まで内側広筋に沿って、指を滑らせます。

5:今度は膝の中央からこのプロセスを繰り返し、大腿直筋に沿って上前腸骨棘(ASIS)までストロークを続けます。

大腿直筋のほぐし方、マッサージ

6:同じプロセスを外側広筋で繰り返します。※注意!中間広筋は、他の大腿四頭筋の深部に位置するので、直接マッサージすることはできません。 中間広筋のマッサージは他の筋肉と並行してほぐします。

大腿直筋のほぐし方、マッサージ2

膝蓋腱と膝蓋靭帯のほぐし方①グロスファイバー・ストローク:A

膝蓋腱と膝蓋靭帯のほぐし方①

1:患者さんには仰臥位を取ってもらいます。

2:施術者は患者さんの横、大腿の横の位置に立ちます。

3:拇指を膝蓋腱(膝蓋骨の上)に置きます。

4:しっかりと組織を押圧し、膝蓋腱を越えて組織が柔らかくなり、大腿直筋の緊張が緩和したと感じられるまで、拇指を前後に動かします。

5:このプロセスを膝蓋靭帯(膝蓋骨の下)に繰り返してマッサージをして膝蓋腱と膝蓋靭帯をほぐします。

膝蓋腱と膝蓋靭帯のほぐし方③グロスファイバー・ストローク:B

膝蓋腱と膝蓋靭帯のほぐし方②

1:患者さんには仰臥位を取ってもらいます。

2:施術者は患者さんの横、大腿の横の位置に立ちます。

3:一方の手で、膝蓋骨を施術者から遠ざける方向にずらします。

4:もう一方の手の四指を膝蓋骨の下に置きます。

5:膝蓋骨を上向きに押圧し、組織が柔らかくなり緊張が緩和したと感じられるまで、四指を前後に動かします。

6:このプロセスを膝蓋靭帯(膝蓋骨の内)に繰り返してマッサージをして膝蓋腱と膝蓋靭帯の内側をほぐします。

※注意:上記の方法は膝の手術後の患者さんや、手術の予定がある患者さんには施術しないようにしましょう。
患者さんが過去に膝を手術したことがある場合、または、ひどい膝の痛みを訴える場合は、施術前に患者さんに詳細な問診を行います。
問題があると思われる時は施術前にかかりつけの医師の許可を得るように患者さんに求めましょう。

外側広筋のその他の詳細

外側広筋が硬い弱いとどうなる?

外側広筋が硬い(萎縮):
・大腿四頭筋の外側広筋が短縮すると膝の屈曲に制限を生じさせます。それに加え、短縮した大腿四頭筋が膝蓋骨を本来の軌道から外すように引いたとき、膝前面に痛みが生じます。慢性的にひどくなると変形性膝関節症になってしまう可能性もあります。

外側広筋が弱い(伸長):
・膝関節の伸展機能が低下します。

外側広筋の共働筋

その他の大腿四頭筋(中間広筋、内側広筋大腿直筋

外側広筋の拮抗筋

・膝関節の屈曲:
・半腱様筋
・半膜様筋
・大腿二頭筋
・腓腹筋
・足底筋
・薄筋
・縫工筋
・膝窩筋

外側広筋の支配神経と血管供給 

・支配神経:
大腿神経ーL2-L4

・血管供給:
外側大腿回旋動脈

外側広筋の痛みと関連する筋肉や領域

・内側広筋と中間広筋:大腿前面と膝

・外側広筋:大腿外側と膝

外側広筋のその他の検査対象筋 

・股関節内転筋
・大腿筋膜張筋と腸脛靭帯
・内閉鎖筋(閉鎖筋の障害は大腿前面に痛みを起こすことがある)

関連記事

最近の記事

  1. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  3. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  5. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  6. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  7. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  8. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

  9. 関節はどのように動くのか?その種類や呼び方とは

  10. 関節包内運動の副運動について

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP