短橈側手根伸筋】作用、起始・停止、鍛え方の筋トレ・ストレッチ、触診やほぐし方

この短撓側手根伸筋は長橈側手根伸筋と同様に、手首の強い伸展力が要求されるスポーツにとって非常に重要です。加えてこれらふたつの筋肉は手首の外転(撓屈)にも関与しています。

短橈側手根伸筋の位置と起始部と停止部

前腕の伸筋群「短橈側手根伸筋」を鍛える筋トレやストレッチ

手首の強い伸展力が要求されるスポーツ

短橈側手根伸筋は長橈側手根伸筋や尺側手根伸筋と同様、手首の強力な伸筋群のひとつです。ですから長橈側手根伸筋や尺側手根伸筋と同じ筋トレをすれば、短橈側手根伸筋を鍛える筋トレができるでしょう。

短橈側手根伸筋のの鍛え方やストレッチをご紹介する前に、この短橈側手根伸筋がどこから始まりどこに停止しているかや、どのような役割をしている筋肉か知っておく必要があるでしょう。

その上で筋トレやストレッチをした方がより効率的で効果があらわれやすくなると思います。

短橈側手根伸筋の機能的解剖、どんな役割の筋肉?

短橈側手根伸筋は長橈側手根伸筋のすぐ内側に位置し、外側上顆に特定の起始を持ちます。手関節伸筋においては長橈側手根伸筋と近い作用を持っています。 両筋肉と共にテニスのバックハンドやフライングディスクを投げるときのはじくような動作で強い筋力を発揮しています。

テニス肘・バックハンド


長橈側手根伸筋や橈側手根伸筋と共に、手関節の洞窟回転動作も行なっています。短橈側手根伸筋は外側上顆に付着するいくつかの筋肉のうちの一つです。これらの筋肉の使い過ぎは、その部位(外側上顆)の炎症につながり、外側上顆炎や『テニス肘』と呼ばれる障害を良く起します。

前腕の伸筋群は、それに対応する前腕の屈筋群と比べ、未発達であることがしばしばあります。筋肉の不均衡、使いすぎによる障害を招くことがあります。

前腕(前腕伸筋群)を鍛える筋トレ方法『2選』

・前腕の伸筋群を鍛えるダンベルリバースリストカール方法を紹介します。
▶長橈側手根伸筋を鍛える筋トレ方法と同じです。

前腕伸筋群(前腕伸筋群)のストレッチ方法『15選』

・前腕の屈曲群をストレッチさせる方法は、肘関節を伸展させて手関節を屈曲させます。ここでは、いくつかの前腕伸筋群をストレッチさせる方法を紹介していきます。

前腕を(前腕伸筋群)伸ばすストレッチ方法

・前腕伸筋群は、前腕の外側手の(甲側)にある上腕を伸展させるための筋肉群のことです。主に手首をそ反らしたり、曲げた指を伸ばす働きがあります。前腕屈筋群と同様に。肘から手首までまたぐ多関節構造の筋肉と、一つの関節のみをまたぐ単関節構造の筋肉があり、伸ばし方も多様となります。

前腕伸筋群を伸ばしてストレッチのメリットとは?

主に手首や指を伸ばす働きを行う前腕伸筋群…それは手先を使うパソコン作業なので酷使されている部位であります。

今となってはパソコン作業、スマホの検索やSNSで、日々酷使されている前腕伸筋群は地味にストレスになり、肩こりにもつながっいてます。

ストレッチでよくほぐして、コンディションを良くしておけば、デスクワークでの仕事効率も上がるはずです。

外側上顆炎や『テニス肘』と呼ばれる障害

また、テニスでのバックハンドで負傷しがちないわゆる『テニス肘』の予防効果にもなりますので、ご参照ください。

短橈側手根伸筋」を鍛える筋トレ

短橈側手根伸筋の名前の由来

短橈側手根伸筋の『短』はこの筋肉が長橈側手根伸筋に比べて短くと、『撓側』はこの筋肉が前腕の撓側を走行していることを意味しています。『手根』は手首を示し、『伸』はこの筋肉の機能が伸展であることを示しています。

短橈側手根伸筋の位置と起始部と停止部は?

位置:短橈側手根伸筋は前腕後面の近位2/3の表層にあります。

起始部:共通の伸筋腱を介して上腕骨外側上顆
停止部:第3中手骨底の背側

短橈側手根伸筋の注目すべき点

短橈側手根伸筋や尺側手根伸筋の起始に生じる原因は、テニス肘(テニスエルボー)や外側上顆炎と呼ばれます。一般的にこの症状は、手関節伸筋を使いすぎ、すなわち筋肉の起始腱が引っ張られすぎたために起こります。

急性期を過ぎたテニス肘には、損傷した組織のリモデリング(再構築)を促す強擦法を用いると効果的てす。

短橈側手根伸筋の作用の詳細 

・手関節の伸展・手関節の撓屈(手関節の外転)肘関節の屈曲補助・わずかな前腕の回外

短橈側手根伸筋は手首の後面を通過しているため、手背が前腕の後面に向けて引っ張られると、手関節が伸展します。

またこの筋肉は手背の橈側を通過している為、第3中手骨を橈側へ引っ張って、手関節を撓屈させます(外転といいます)

短橈側手根伸筋の触診方法とマッサージやほぐし方

長橈側手根伸筋と同様で、手首の前面や外側で第2,3の中手骨のライン上で触診することができます。また、手関節伸筋を一つの筋肉の束として考えて触診することは簡単です。

上腕骨外側上顆から前腕にかけて触診すると、前腕後面の近位に筋肉の組織を感じるでしょう。

短橈側手根伸筋のマッサージ方法としては起始腱を強擦することがこの筋肉を緩めるために有効的なマッサージ方法です。また、筋腹に対しては軽擦法、四指揉捏法、強擦方が効果的です。

今回は下記のような短橈側手根伸筋の触診方法とマッサージやほぐし方を解説していきます。 

短橈側手根伸筋の触診方法を解説

前腕にある短橈側手根伸筋の伸筋群は、手首を過伸展させて触診します。筋肉の束の構造は半羽状で、筋線維の走行は筋肉に対して平行です。今回は下記のような触診方法を紹介していきます。

肢位:患者さんは仰臥位に寝てもらいます。患者さんの前腕は中間位(親指が上になる)になってもらいます。

1:他動的に肘を曲げて撓屈(前腕を外転)させて組織を弛ませます。

2:施術者は患者さんの横、腰の位置に座ります。

3:外側上顆を拇指で確認します。

4:拇指を遠位にずらし、長橈側手根伸筋に当てます。さらに遠位のやや外側にゆびをずらしていくと短橈側手根伸筋があります。

5:患者さんの肘関節伸展、手関節撓屈(手関節外転)に対して負荷をかけながら、適切な位置を確認します。

短橈側手根伸筋の触診方法

短橈側手根伸筋の整体、マッサージやほぐし方

◆前腕伸筋群のほぐし方①

1:患者さんに背臥位をとってもらいます。前腕と手を回内し、わずかに曲げます。

2:施術者は患者さんの横、腰の位置に立ちます(座っても可能です)。

3:一方の手で患者さんの手を押さえ、腕と手首を固定します。

4:もう一方の手の拇指を手首の上、尺骨頭(遠位端)の近くに当てます。

5:拇指を少し撓側に移動し、この動きを繰り返し、前回の動きと平行するラインに沿って、拇指を上腕骨(肘の方)まで滑らせます。

6:平行線に沿って、前腕伸筋(背面)を全て施術するまで同じプロセスを繰り返して前腕新筋群をほぐします。

前腕伸筋群のほぐし方1

◆前腕伸筋群のほぐし方②

1:患者さんには背臥位を取ってもらいます。

2:施術者は患者さんの横の腰の位置に立ちます。(座っても可能です)

3:指関節または手根を患者さんの手首の背側に当てます。

4:しっかりと前腕の伸筋群を押圧し、指関節または手根をゆっくりと前腕伸筋の筋肉に沿って、肘を超えて上腕骨まで滑らせます。

前腕伸筋群のほぐし方2

短橈側手根伸筋のその他の詳細

▶短橈側手根伸筋の短縮や伸長による機能低下は?
・短縮:手関節屈曲させることが難しくなります。
伸長:短橈側手根伸筋と長橈側手根伸筋が伸長されたら、手関節の伸展や撓屈が難しいと気づくでしょう。尺側手根伸筋が伸長されたら、手関節尺屈(内転とも言う)することが難しいでしょう。

▶短橈側手根伸筋の共働筋
手関節の伸展:長橈側手根伸筋、尺側手根伸筋

▶短橈側手根伸筋の拮抗筋
手関節の屈曲:橈側手根屈筋、尺側手根屈筋、長掌筋

▶短橈側手根伸筋の関連痛領域
・手の背側面

▶短橈側手根伸筋のその他の検査対象筋 
・肩甲下筋・棘下筋・烏口腕筋・上腕筋

▶短橈側手根伸筋の神経支配と血管供給 
・神経:橈骨神経 C5~T1
・血管:橈骨動脈、橈側反回動脈