横隔膜

今回は、呼吸するために大きくかかわる呼吸筋、横隔膜を詳しく解説していきます。その前に呼吸筋という概念から詳しく紹介していきます。

呼吸筋とは一体どういう筋肉なのでしょうか?

横隔膜

 呼吸筋は、胸腔の容量を変化させるために働いています。物理的には胸腔が拡張すると、胸腔内圧が下がるので、肺胞圧も低下します。

そして、肺胞圧が大気圧よりも低下すると、肺に空気が自動的に流入します。したがって、私たちは吸気筋を使って、胸腔を広げて胸腔内圧を下げることにより、肺に空気を取り込んで吸気をしています。

対して。安静時の吸気はほとんど受動的であり。筋肉の収縮は必要とされません。すなわち、吸気筋が弛緩すると、肺の固有性によって肺が縮み自動的に空気が流出します。

しかし、楽器を吹いたり、ろうそくの火を消したり、咳をしたり、有酸素運動をしたりするように、より強く呼気を行うときは、呼気筋が働きます。

つまり、呼気筋を使って胸腔の胸腔の容量を、素早くそしてさらに小さくすることで、肺胞圧を下げて強制的に呼吸を行うのです。

胸郭の筋肉について詳しく紹介

胸郭の筋肉

胸郭の筋肉は、ほとんど全てが呼吸に関与します。安静時の呼吸は横隔膜の収縮によってなされます。横隔膜が収縮して下降すると、胸郭の容量が増加し、内気圧と均等化するために空気が吸い込まれます。

さらに、運動中のように大量の空気が必要な場合は、胸郭にある他の筋肉が呼吸を助けます。斜角筋は第1肋骨と第2肋骨を挙上し、胸郭容量を増大させます。また、外肋間筋によって胸郭は更に拡張します。

その他の吸気筋として、肋骨挙筋と後鋸筋が挙げられます。反対に、内肋間筋、胸横筋および、肋下筋の収縮によって、強い呼気が生まれます。

横隔膜はどんな筋肉なのでしょう|その概要は

横隔膜はどんな筋肉

横隔膜は『胸腔』と『腹腔』を隔てる膜状筋であり、ドーム型をした呼吸筋の中でも、最も重要な筋肉です。

横隔膜の筋肉部分が収縮すると、もともとドーム状をしている腱中心は、引き下げられて平坦になるので、胸腔の容量が増大します。

胸腔の容量が増して胸腔内圧が下がるのに伴い、肺胞圧が下がって空気が肺に流入します。このように、横隔膜は一番重要な呼吸筋と言えるでしょう。

横隔膜の名前の由来

横隔膜は胸腔と腹腔を隔てている、横に広がった膜のような筋肉であることから、この名前が付けられています。

横隔膜の英語の書き方

『Diaphragm』
・dia:ラテン語の「~を通って」
・phragma:ラテン語の「区画」を意味しています。

横隔膜の「位置」と「起始部と停止部」は

横隔膜の位置と起始部、停止部

位置:
この筋肉の名前の通り、胸腔と腹腔を隔てている、肋骨の下部に沿ってあります。

起始部:
横隔膜の起始部は第1腰椎から第3腰椎の椎体、肋骨の下部6本(第7胸椎から第12肋骨)のと肋軟骨の内側面、胸骨の剣状突起の椎体の後面

停止部:
横隔膜腱中心(横隔膜の表面のドーム状の形状をしている腱膜)

横隔膜の作用、役割の詳細を紹介 

横隔膜の作用、役割は下部胸郭の周りを覆う天蓋型の筋肉で、胸腔と腹腔を隔てています。血管、神経、消化管が通る孔(穴)がいくつかあります。

横隔膜の筋線維は中央に収束し、腱中心を形成しています。この腱は天蓋部の最も上方及び、中心部を形成しています。横隔膜は呼吸運動の主動筋です。

収縮するにつれて、腱中心は下方向にして引かれます。これは天蓋部を平たくさせ、胸腔の体積を上昇させて内圧を低下させます。

胸腔内の圧力の低下は、空気圧を平衡にするため、外気を内側に流入させます(吸気運動)。このメカニズムにより、肺は空気で満たされます。

横隔膜がリラックスするにつれて、天蓋型に戻り始め、胸腔の体積は減少します。胸腔内の圧力の上昇によって空気圧を平衡にするため、肺から空気が排出されます(呼気運動)。

横隔膜の収縮と弛緩は、全身がリラックスしている際、呼吸運動を促します。肋間筋や肋骨下筋、後鋸筋のような他の筋は、深い呼吸の際に力を発揮します。 

横隔膜の大きな特徴とは?

横隔膜は薄く筋膜様の構造をしていて、腹腔の天井と、胸腔の底を形成しています。また横隔膜には食道、大動脈、下大動脈の通る孔(穴)があります。

安静時呼吸は、横隔膜のみによってなされますが、より深くより強く吸気をする際には、その他の呼吸を補助するための筋肉も働きます。

さらに、横隔膜は随意筋であると同時に、不随意筋でもあると考えられています。すなわち、私たちは呼吸数を意識的にコントロールすることもできますが、通常は中枢神経からの指令によって、横隔膜は不随意に働いて無意識に呼吸を続けています。

横隔膜の触診方法を解説 

横隔膜の触診方法

横隔膜は胸郭の前外側の最下部から、上方に向かって優しく指で筋肉を押し上げると、肋骨の表面に付着する部分に触れることができます。今回は下記の様な、横隔膜の触診方法を紹介します。

肢位:患者さんには仰臥位をとってもらいます。

1:患者さんの横に立ち、腹部の方を向きます。指先か拇指の腹で前外側胸郭の下端縁を見つけます。

2:触知してる間に、患者さんに深呼吸を数回行うように指示して下さい。

3:胸郭周辺の内表面に沿って、後方深部に向けて丁寧に動かし、横隔膜の筋線維を確認します。

4:適切な位置を確認するため、患者さんに息を吐いてもらいます。

横隔膜の整体、マッサージやほぐし方

横隔膜のマッサージやほぐし方

今回は下記のような横隔膜のマッサージ方法、ほぐし方を紹介します。

1:患者さんの横側、腰のそばに立ち、片手または両手を反対側の胸郭基部に置き、拇指、重ねた拇指、または四指を最下位の肋骨に当てます。

2:患者さんに深く息を吸ってもらい、次にゆっくりと息を吐いてもらいます。

3:患者さんが息を吐く時、拇指、重ねた拇指、または四指を胸郭下部の下に深く押圧し、胸郭を持ち上げます。

4:患者さんの反対側に移動し同じプロセスを繰り返します。

横隔膜のその他の詳細

▶横隔膜の短縮や伸長による機能低下は?
・短縮:自然に十分な呼吸をすることが制限されます。
伸長:横隔膜は直接的な拮抗筋を持たないので、他の骨格筋に見られるような、典型的な短縮と伸長による筋肉のバランスの不均等はありません。

おそらく、伸長して機能しづらくなった横隔膜では、十分な呼吸が制限されるでしょう。しかし、そのような状態は、拮抗筋の過剰な短縮による制限の結果ではありません。

▶横隔膜の共働筋
外肋間筋
上後鋸筋 

▶横隔膜の拮抗筋
横隔膜の件中心を引き上げる筋肉はありませんが、内肋間筋下後鋸筋、そして腹横筋は強制呼気を行う筋肉であるので、拮抗筋としてみなすことができます。

▶横隔膜の関連痛領域
・「わき腹痛」胸部、胸骨下、または肋骨下に沿った部分に、関連する痛みの領域が出ます。

▶横隔膜のその他の検査対象筋 
肋間筋・斜角筋・大胸筋小胸筋・腹直筋

▶横隔膜の神経支配と血管供給 
・神経:横隔神経
・血管:大動脈の枝、内胸動脈

横隔膜の呼吸