帝王切開後の出産はどのくらいあけるのがいい

帝王切開で出産した子が半年になります。早く次の子が欲しいのですが、帝王切開は3年以上あけないと障害の子が生まれると聞いたことがあります。

骨盤が狭いので次回もおそらく帝王切開になると思います。本当に3年以上あけないといけないのでしょうかというお悩みです。

帝王切開後の妊娠は注意が必要

帝王切開後傷

帝王切開後の次の妊娠、分娩に注意が必要である理由は、子宮に手術による瘢痕(はんこん)があり、その部分に子宮壁の伸展や陣痛による負担がかかる為です。切開した部分が十分治っていればよいのですが、何らかの原因で治りが良くない場合など、分娩時に陣痛のストレスで子宮破裂を起こすことがあります。

また、まれには妊娠中に瘢痕部の離開を起こすこともあります。

帝王切開後の妊娠・出産はいつから大丈夫

帝王切開後の妊娠

帝王切開後、どのくらいの時間がたてば妊娠・分娩が可能かは前回の手術後の経過にもよりますが、通常の帝王切開で手術後に発熱感染のトラブルがなければ 帝王切開後1年経過すれば妊娠することに問題ないと言われています。

何からの異常があった場合や心配な点がある場合は 帝王切開を受けた病院に相談なさるのが一番です。手術を行った病院には手術時 術後の記録が残っており それらをもとに判断 アドバイスができるからです。

やむを得ず前回とは違う病院での次のお子さんを出産・帝王切開する場合、できれば前院で前回の経過を紹介状として書いてもらうと参考になり、より良い管理ができます。

▶産後のお役立ち記事の一覧は ≫

出産後は産後の骨盤のケア

産後の骨盤矯正

お悩み解決しますイーバランス整体院
イーバランス整体院院長

『資格:整体師』
整体師歴26年
〈略歴〉
1998年3月 ナショナル整体学院卒業
1988年4月 天祖鍼灸整骨院勤務
2000年6月 オアシス整体院勤務
2010年1月 ラクシア整体院勤務
2013年6月 イーバランス整体院開院
現在に至る
志木駅東口イーバランス整体院は骨盤矯正や骨格矯正で腰痛や肩こりを改善します。特に産後の骨盤矯正は好評です。

『皆様の症状を親身に考え心を込めて整体や骨盤矯正を致します』お気軽にご相談下さい。

関連記事

最近の記事

  1. あなたの抱っこは間違ってる?身体の負担を減らす3つのポイント

  2. 身体の不調を軽減!外回りが多い女性に気をつけほしいベスト3

  3. 前脛骨筋(ぜんけいこつきん)はどんな役割の筋肉?

  4. 頭のツボ②「翳風(えいふう)」はどんなツボ?見つけ方と効果

  5. 頭のツボ①百会(ひゃくえ)はどんなツボ?その効果とは?

  6. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  7. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  8. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  9. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  10. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP