産後お腹がポッコリする原因と対処法
産後お腹がポッコリして戻らない

出産後お腹がポッコリして体型が変わってしまったママさん達は多いのではないでしょうか?

妊娠から出産後どうして体重が増えるの?

妊娠してから出産に備え女性ホルモンの影響で体重が少しずつ増えてきます。
また、胎児の成長を妨げない様にリラキシンというホルモンを放出し骨盤周りの筋肉や靭帯を柔らかくします。骨盤と仙骨をつなぐ仙腸関節や股関節なども柔らかくなり骨盤が広がっていきます。

妊娠中にママさんの身体に不調が出るのはこの影響によるものも多いです。
腰痛、坐骨神経痛、股関節痛…

出産すると痛みは治まることが多いですが、何といっても体重が元の体重に戻らないというお悩みのママさんが非常に多いです。

産後どうして体重が落ちないの

出産後どうして体重が落ちないの?

原因としては骨盤が広がったままの状態で内臓下垂になっている場合は中々体重が落ちません。

内臓下垂になると胃や腸が下垂し、特に大腸が骨盤内に入り込むだけでもお腹はポッコリ見えてしまいます。

内臓下垂になるとその臓器の周辺の代謝が悪くなり脂肪が付きやすく落ちづらくなります。

出産後のポッコリお腹はどうしたら改善される?

先程お話しした、広がった骨盤、開いた骨盤を閉じる産後の骨盤矯正の整体を勧めします。

出産したママさんの中では自然に(自力で)骨盤が閉じるママさんもいますが、たいがいのママさん達は骨盤が開いたままです。

広がった骨盤(開いた骨盤)を元の幅に戻すことにより内臓下垂が改善されお腹周りの基礎代謝が上がります。
そうすれば元の体重により近づく手助けになりますので、産後1か月を過ぎたら産後の骨盤矯正&産後の骨盤矯正タダイエットの整体を受けてみましょう!

産後の骨盤矯正で元の体型、元の体重に
産後の骨盤矯正はこちらから

骨盤も大事ですが食生活も気にかけて!

せっかく骨盤を引き締めても食べ過ぎのカロリーオーバーですと体重が減っていきません。

授乳していると小腹が減りついついお菓子をつまんでしまうママさん達も多いと思います。

バランスの良い食事とカロリーを気にしながら産前の体重に戻る努力も必要と思われます。

産後は食事にも気を付けて