体の不調を改善する自分で出来るセルフケアの方法

疲れは溜まっていますか?お体の調子はどうですか?

疲れが溜まる

分単位でうごめく現代社会…更にスピーディーにさらに効率よく、会社や上司からの圧力で参っていませんか?
また、育児が大変…ママ友との付き合い、子育てが制限された環境や法律、風習何かと疲れが溜まっているママさんも多いと思います。

自分で出来るメンテナンスを紹介

1:まずは睡眠がとても大切

人の体は睡眠によって前日の疲れを取ると言われています。
(6時間は必要です、それより短いと疲れが完全に取れません。前日の残った疲れに+して当日の疲れが溜まっていき、悪循環に陥ります。)

睡眠は大切

2:そしてお風呂の湯船に浸かる

お風呂も疲れを取る事が出来ます。ただしカラスの行水ではいけません、40度位のお湯に10~15分浸かりましょう。
目安は汗をじんわりかく位でかまいません。(体の芯から温められた証拠です。)それにより筋肉が温められ疲れも取れやすくなります。

寒い冬にはもちろん、夏の暑い時期にも湯船にちゃんと浸かるのをお勧めします。

お風呂につかると疲れが取れる

3:最後に適度な運動

運動と聞いたら、走る、歩く、マシーントレーニング等、思い出す方が多いと思いますが、普段何もやっていないのに、いきなりそんな事をしたら余計に疲れてしまいます。

そこで、固まっている筋肉をほぐすヨガやストレッチをお勧めします。
筋肉を柔らかくする事で疲れも取れやすくなります。 
上記3点、疲れが溜まっている人は実践してみて下さい。

適度な運動



▶日々のまめ知識記事一覧

体の不調の改善はお任せ

お悩み解決しますイーバランス整体院

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP