内反股(O脚)と外反股(X脚)の症状、原因と対処、改善方法を詳しく解説

内反股、外反股はどういった症状なのでしょうか?

ここではいわゆるO脚・X脚と呼ばれる内反股、外反股の症状や原因などを詳しく解説していきます。

内反股(O脚)と外反股(X脚)

内反股(O脚)はどういう状態?

大腿骨骨幹部と大腿骨頸部とのなす角度を頚体角といいます。

この角度は成長とともに減少します。成人の頚体角の正常は125°から135°です。

内反股は頚体角が正常より小さい状態を言います。直角に近づくようになります。

大腿骨骨幹部と大腿骨頸部とのなす角度を頚体角

内反股(O脚)になってしまう原因とは?

内反股は先天性内反股、くる病、ペルテス病(Perthes)、大腿骨頸部内側骨折などが原因となります。

大腿骨頭中心から足関節中心を結ぶ下肢機能軸(ミクリッツ線)が内側になり内反膝O脚になります。

内反股(O脚)の症状とは?

股関節痛と異常歩行が特徴です。トレンデレンブルグ徴候は陽性になります。

外反股(X脚)はどういう状態?

外反または頚体角が正常よりも大きく、大腿骨頸部が垂直に近い状態を言います。

外反股は先天性関節脱臼、股関節骨折、大腿骨頸部骨折、大腿骨転子部骨折、多発性外骨腫、乳児化膿性子関節炎、くる病などの先天的な疾患や、二分脊椎、脳性麻痺、ポリオなどの麻痺性症状でも外反股(X脚)ななります。

また、下肢機能軸(リミック線)が外側になり外反膝(X脚)の原因にもなります。

大腿骨骨幹部と大腿骨頸部とのなす角度を頚体角

外反股(X脚)の対処法法は?

外反または悪化すると変形性股関節症を発症し、手術適用となります。

内反股(O脚)と外反股(X脚)の考えられる事とは?

棘果長と転子果長の左右差で内反股(O脚)外反股(X脚)変形性関節症、大腿骨頚部の骨折などが考えられます。
大腿骨頭の位置の異常、大腿骨頚部骨折、脱臼や大腿骨頭角の異常が考えられます。

棘果長と転子果長の左右差で内反股(O脚)外反股(X脚)変形性関節症、大腿骨頚部の骨折

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP