出産後体型が変わってしまって悩んでいるママさんへ

妊娠と出産を経て体型が変わった、体重が戻らないのは骨盤が広がっていることがほとんどです。
しかし、皆さん自分の骨盤がどのように変化してしまったかの判断は、わかりづらいと思います。

骨盤でダイエット

妊娠してから出産にかけてどのように骨盤が広がるのか?

妊娠中から出産にかかてどのように骨盤が広がるのか説明していきましょう。

妊娠すると女性ホルモンのリラキシンというホルモンが放出されます。
そのことにより骨盤周辺の関節や靭帯、筋肉が出産に備え柔らかくなります。

そのリラキシンの影響により、赤ちゃんの成長を妨げない様にするため骨盤内の空間を広くします。
無事、母体で赤ちゃんが成長し出産できるように準備します。

骨盤周辺で重要な仙腸関節

ここでは仙腸関節について詳しく説明していきます。

先日お話しした慢性的な腰痛方についてのブログで仙腸関節を紹介しましたが、再度説明していきます。

左右の骨盤とその骨盤にはさまれている逆三角形の仙骨…
それらを結ぶ関節が仙腸関節といいます。

仙腸関節2

この関節を支点に骨盤が前に倒れたり後ろに倒れたり、広がったり閉じたりします。
仙腸関節の機能異常で骨盤の左右バランスが崩れると慢性的な腰痛になる事があります。

その他、この仙腸関節を支点に骨盤が閉じたり開いたりしますが、妊娠から出産後でも骨盤が開いたままという状態が多々あります。

骨盤の広がりを見分ける方法

イーバランス整体院に通っているママさん達の中に、出産後骨盤が広がったかわからないので見てほしいという患者様がたまにいらっしゃいます。

分からない方は下記をご参照ください。
上前腸骨棘(ASIS)はここです
上記で示した緑の丸は上前腸骨棘(ASIS)といいます。
骨盤の前面の両サイドにあるとがった骨がそれの事です。
指先で触るよりも、手のひらで包みこむようにグリグリするとわかりやすいと思います。

ここの位置が外側に飛び出していたり、骨盤のサイドから前面を撫でてときに角ばって感じるようでしたら骨盤が開いている状態になります。
そう感じたら骨盤矯正の整体をおすすめします。

出産したら開いた骨盤は必ず閉じましょう!

骨盤が開いたままですと体型が変わり、体重も落ちずらい環境になります。
出産してからなるべく早く産後の骨盤矯正&産後ダイエットの整体をする事をお勧めします。

イーバランス整体院の産後の骨盤矯正&産後ダイエットの整体術は、皆さんが驚くほど引締まると評判の矯正方法です。

その他にも産後の色々なお悩みの症状(恥骨痛・尿漏れ・産後の膝関節痛や股関節痛)等も気軽にご相談下さい。

産後の骨盤矯正はこちらから