骨盤の歪みでお尻の硬さの不調の原因と改善

骨盤は日常生活の悪い癖などで、色々と歪んでいきます。骨盤の歪みを放置してしまうと、骨盤を支える筋肉に大きな負担をかけ過ぎてお尻が硬くなってきたりもします。

当院は骨盤矯正専門院の為、骨盤が歪んでる方を沢山みさせていただいていますが、骨盤が歪んでる方はお尻が硬くなってるケースがとても多く見受けられます。

今回はそのお尻が硬さによって、どのような不調がでてくるのかを紹介していきたいと思います。

小尻

①お尻の硬さにより痛みなどの症状

お尻の筋肉が硬くなりすぎる事により臀部痛などの坐骨神経痛や腰痛や仙骨&尾骨周辺の違和感など、お尻周辺の違和感を誘発してしまう事があります。

ビリビリしたり、ダルく重たくなったり、つってしまう方もいるくらいです。症状は様々ですが、この様な症状もお尻の硬さをとる事により、緩和される方も多くみうけられます。

もちろん、骨盤の歪みのバランスも整える骨盤矯正の整体も必須です。

お尻の硬さで痛み

②お尻の周りにお肉がつきやすくなる

お尻が上半身と比べても脂肪が付きやすい方はお尻が固まってしまい、脂肪が付きやすい体型になっている事があります。

お尻が硬くなるとその部分の循環が悪くなり、代謝も悪くなっていく為、脂肪がつきやすい環境になってしまいます。

脂肪が付きやすく、落ちづらい体型にもなってしまいます。気になる方は、お尻の筋肉を柔らかくし、骨盤の歪みのバランスも整える骨盤矯正の整体が必須です。

お尻の周りにお肉がつきやすい

③お尻にセルライトがつきやすくなる

セルライトは老廃物と脂肪が結合してできてしまうのですが、硬いお尻になってしまうと老廃物が溜まりすぎてしまいます。

その環境になってしまうと、脂肪と結合して大きなセルライトの塊があらわれやすくなってしまいます。改善方法としては、お尻周りの循環を良くして老廃物が溜め込みすぎないようにほぐしてあげる事が大切です。ボコボコとしたセルライトを作らせない為にも、お尻の筋肉と脂肪の循環を良くしてセルライトを改善しましょう。

気になる方は、お尻の筋肉を柔らかくし、骨盤の歪みのバランスも整える骨盤矯正の整体も必須です。

お尻にセルライト

④お尻が冷たくなり代謝も落ちる

『お尻が冷たい』と感じている方は、お尻が硬くなってるかもしれません。硬いお尻は血行不良になる事でお尻周辺が冷えてしまい、大きな筋肉のため硬くなる事で代謝も大きく低下してしてしまいます。

冬場になるとお尻がなかなか温まりづらくなったりする方は要注意です。

お尻が冷たくなる

この様なお尻の硬さから様々な不調を引き起こしてしまうケースが多々あります。もしかしたら、あなたのお尻の硬さは骨盤を歪みからきているかもしれません。これらの硬くなってるサインを見落とさず、気になる事がありましたら、是非お気軽にご相談ください。

▶産後の骨盤矯正の記事一覧はこちら

▶産後の骨盤矯正はこちら

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP