骨盤ダイエット中の方、年末年始の食事量に気を付けて

年末年始の暴飲暴食は注意

骨盤矯正ダイエットは万能ではない

イーバランス整体院で骨盤矯正ダイエットや産後の骨盤矯正ダイエットを施術している方、ひと区切りした方によくお伝えすることがあります。

骨盤が広がると内臓が下がり内臓下垂になります。おなか周がポッコリしやすくなる生活環境を改善する骨盤矯正法は、あくまでも骨盤が広がりおなか周りの基礎代謝が落ちて付いてしまった脂肪しか落ちないのです。

多量の食事の摂取でのカロリーオーバーや運動不足は違う原因になります。

年末年始は食べる機会が多い季節です

題名でいったように、この季節は何かと食べる機会が多く、12月にイーバランス整体院にご来院頂いた患者様が年明けになると、せっかく体重が減ってきたのに体重が増えてしまっていたり、体重が増え以前に戻ってしまってしまう事があります。

クリスマス、忘年会、お正月、新年会…たくさんのイベントや付き合いで食べる機会が増えると思います。そんな時期にこそカロリーコントロールをお願いいたします。

産後骨盤が広がり体重が増えた

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP