妊娠中から出産後も多い恥骨痛

妊娠中から出産後の恥骨痛『いつまで続くの?』

恥骨痛はいつまで続く?

当院にいらっしやるママさん達の何割かは恥骨痛を経験しています。
妊娠中に「ズキズキ痛い」、出産後に立ち上がる時に痛い、歩く1歩目が痛いなど、どの時に痛くなるかは人それぞれですが、はたしてそれはいつまで続くのでしょうか?

出産後の骨盤矯正を受けにいらっしゃるママさん達は、出産後1か月から2か月位にご来院される方が多いです。
出産3が月目位は恥骨痛も落ち着いてくる頃ですが、人によっては半年後、1年後でも痛みが続いている方もいらっしゃいます。

恥骨痛はここが痛くなる

どうして恥骨痛になるの?

原因は1つではなく身体の環境や状態により様々です!

  1. 妊娠中の姿勢の問題
  2. 妊娠中の恥骨結合の離開
  3. 体重の増加
  4. 分娩時の恥骨結合への負担
  5. 恥骨結合周辺の筋力低下

一番多いのは赤ちゃんの成長に伴うもの

妊娠中は『リラキシン』というホルモンの放出で赤ちゃんの成長と共に骨盤が開く様にできています。恥骨結合が外側に引っ張られてると恥骨に負荷がかかり、痛く感じます。
妊娠中は骨盤矯正は出来ませんので骨盤ベルトをして様子を持て頂くのをお勧めします。
また、お腹の中の赤ちゃんの成長により骨盤の底部に重みがかかり恥骨に負担がかかって痛みも伴います。

出産後も骨盤が開いたままですと長引く原因にもなりますので早めに産後の骨盤矯正で広がった骨盤を狭く引き締める必要性があります。

恥骨痛は骨盤矯正で改善!

産後の骨盤矯正の手技で仙骨の下部を矯正します。個人差はありますが、半分くらいの方は1回目で痛みが改善されます。3回位でほとんどの方が痛みを感じなくなりますが、一部の方は中々痛みが引かない方もいらっしゃいます。
その場合は、更に恥骨痛用の骨盤矯正をしつつ、恥骨痛に効く運動とストレッチを提案いたしますのでご安心を!

産後の骨盤矯正で恥骨痛を改善

恥骨痛改善運動、ストレッチ

恥骨痛の運動 1.腕の動き 軽く肘を曲げ、左右交互に肘を床に軽く押し付ける

1.腕の動き 軽く肘を曲げ、左右交互に肘を床に軽く押し付ける

恥骨痛体操 2.膝の動き押し付けた肘と同じ足で床を押すと、自然にお尻が浮き膝が反対側に倒れる。すると身体がひねられて骨盤も動く。

恥骨痛体操 2.膝の動き押し付けた肘と同じ足で床を押すと、自然にお尻が浮き膝が反対側に倒れる。すると身体がひねられて骨盤も動く。

恥骨痛時にやってはいけない事

  • 妊娠中は大丈夫ですが、出産したらあぐらはかかない
  • ぺったんこ座り
  • 椅子に浅く座る
  • 炎症も考えられますので直接マッサージをしない

イーバランス整体院は直接恥骨を触れたりマッサージすることはありませんのでごうぞご安心してご相談下さい。

産後の骨盤矯正はこちらから