産後のバストアップ

授乳中、一番気をつけたいのは、バストが張っている状態をそのままにすることです。
これは乳腺炎を起こすだけでなく、バストの形を崩してしまう原因にもなります。
そこで授乳前後にどういったケアをするかを紹介していきます 。

授乳後のバストケアマッサージ

産後のバストアップマッサージ

授乳中の姿勢が、その後のバストの形を決定します。
どんなに気をつけていても、疲れている時は姿勢が崩れてしまいがちです。
そこで、この授乳後のマッサージをお勧めします。
この授乳後のマッサージを行うことで授乳しやすくなり、形もよくなっていきます。
毎回、授乳後に行いましょう。

バストが垂れないためのデコルテケアマッサージ

①一度お尻を引き締めて、椅子に座ります。
② 右の手のひらをデコルテ部分の胸の中央に当てて、皮膚を外側に動かしながら圧を加え、上方に圧を逃がすように5回繰り返します。リンパの流れも良くなります。
バストの上の部分も同様に行います。肩の付け根も同様にマッサージするとよりいいでしょう。
反対側も同様にマッサージします。

産後のバストが垂れないマッサージ1

バストが垂れないのための形状記憶バストマッサージ

①一度お尻を引き締めて椅子に座ります。
② 右手で右のバストを下から包み込むようにあてがいます。
バスト全体をゆっくりと内側に寄せて、少し持ち上げたまま5秒間キープします。
5秒たったらゆっくりと戻し、再度行います。
これを5回繰り返していきましょう。反対側も同様に行います。
マッサージの際の注意点!バストを触って痛みがある時は控えるようにしましょう。 

産後のバストが垂れないマッサージ2

バストアップマッサージ 

授乳前にバストマッサージを行うと、バストが垂れにくくなるのをご存知ですか?
母乳が出やすくなるというのは、筋肉で言うと血行が悪いのと同じです。
母乳の出が悪いのは、バストの循環が悪いからです。
この循環の悪さが胸の張りを作り出し、形を崩すのです。
授乳前にこのバストアップマッサージを行い、バストの垂れを予防しましょう。

授乳前のバストアップマッサージ

①右手で右乳首を軽くつまみながら、ゆっくりと引っ張ります。
これを5回繰り返します。
②右手で左乳輪全体をゆっくりと軽くつまみます。
これを5回繰り返しましょう。
③右手で左バストの外側を包み込むようにあてがい、ゆっくりと鎖骨下に向かって動かします。
これを5回繰り返します。
④右手で左バストの外側を包み込むようにあてがい、ゆっくりと鎖骨間に向かって動かします。
これを5回繰り返します。
⑤右の手でバスト全体を包み込むようにして、バスト全体をゆっくりと時計回りに回します。
これを5回繰り返します。
①から⑤のマッサージを反対側も同様に行います。
マッサージの際の注意点!ゆっくりとした感じで、バストアップマッサージを行いましょう。
右側のバストを回す時は、「反時計回り」で行なってください。

産後のバストアップマッサージ1

バスト周辺の緊張を改善するマッサージ

① 一度お尻を引き締めて、椅子に座ります。
② バストの下に、それぞれ手のひらをあてがい、皮膚を中央に向かってゆっくりと寄せます。
これを5回繰り返していきましょう。
③バストの外側に、それぞれの手のひらをあてがいます。
皮膚をわきの下に向かってゆっくりと寄せます。これを5回繰り返していきましょう。

産後のバストアップマッサージ2

産後の骨盤矯正ダイエットも併用してバストアップマッサージをおこなうとより全身のダイエットに友好的です。産後の骨盤矯正ダイエット専門店のイーバランス整体院にお気軽にご相談下さい。

産後の骨盤矯正はこちらから