妊娠中によく足がつる原因と解決法
妊娠中足がつる2
calf pain

イーバランス整体院に通っているママさん達から「妊娠中によく足がつった」とよく聞きます。

妊娠中期から後期によくおこる傾向で、夜中に寝ている時に突然襲ってくる激しい足の痛み!飛び起きて足の甲を反り返して何とか難を逃れる…
ママさんに限らずほとんどの方が経験していると思います。

ここでは妊娠中に足がつる原因について話をしていきます。

足がつる、こむら返りとは?

足がつる状態は一体どうなっているのでしょうか?
こむら返りは、ふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)が筋肉の異常を知らせる信号で、急激に収縮し硬直するために起こります。

ふくらはぎがつってしままうことが一番多いと思いますが、足首や足の指、つちふまずがつってしまう事もあります。

妊娠中足がつる1

妊娠中に足が(ふくらはぎ)つる・こむら返りの原因とは?

妊娠すると女性の身体には大きな変化が現れます。

  1. 体重の増加によるもの
  2. 体のバランスが崩れるため
  3. 運動不足
  4. 栄養不足

①体重の増加によるもの

妊娠すると女性ホルモンの影響で体重が増加します。
おのずと太ももやふくらはぎに負荷がかかり疲労が蓄積されることによりふくらはぎ等がつってしまうのです。

②体のバランスが崩れるため

妊娠中期から胎児も成長しお腹が膨らんできます。
お腹が大きくなるとバランスを取ろうと上半身が後ろ側に反り返り踵重心になります。

正しいバランスですと足全体で体を支えることが可能ですが、踵重心によりふくらはぎに通常よりも負担がかかります。その防衛反応としてふくらはぎがつってしまいます。

また、お腹が大きい時期は骨盤が前方に変位し、反り腰になってしまいます。
上記と同じように踵重心になってしまい、ふくらはぎに負荷をかけてしまう原因の一つといえるでしょう。

体のバランスが崩れる

③運動不足によるもの

お腹が大きい妊娠中期から妊娠後期にかけて大事を取りあまり外に出かけなくなります。特に、真夏や真冬の時期はその傾向といえるでしょう。

そのことにより下半身の血流が悪くなり疲労をため込んでしまいます。
また、冷えにもつながり足がつりやすい環境になってしまいます。

運動不足は筋力低下にもつながります。筋肉量が少なくなれば通常よりも早く疲労がたまりふくらはぎが更につりやすくなります

④栄養不足によるもの

妊娠中は胎児に栄養を補給します。足がつる原因の栄養素は特にカルシウムとマグネシウムが欠乏すると、つりやすくなります。

食事で意識するべきことは、カルシウムやマグネシウムを含む食品や飲料を摂取するように意識しましょう。

カルシウムとマグネシウムの食材

足がつらないための対処法

  1. マッサージをする
  2. ストレッチをする
    1と2でふくらはぎの筋肉を柔らかくしましょう
  3. 足をよく温める
    血流を良くしましょう 冷え対策
  4. 室内でもいいので足の運動をしましょう
  5. 食事を意識する
    カルシウムマグネシウムを意欲的に摂取しましょう

産後は骨盤のバランスを整えましょう

出産しても骨盤が前傾して反り腰になっています。
出産したら1か月後には産後の骨盤矯正を勧めします。
踵重心が足の裏全体で支えて立っている状態が理想的です。

産後の骨盤矯正はこちらから
産後の骨盤矯正