びん沼自然公園は魅力溢れる遊べるスポット

緑豊かな自然溢れるスポット

まず、なんといっても緑が溢れ自然豊かな公園で、東側には湿地帯、西側には雑木林でできた「カブトムシの森」や「メジロの森」が整備されており沢山の生き物に出会えたり、高さ13メートルの展望台を登ると武蔵野平野や富士山も一望できたりもします。

また、公園内には家族で楽しめるキャンプ場やバーベキュースペースもあり、貸し出し可能なテントなどもあるため、手ぶらでキャンプが楽しめるところも魅力的な1つです。

小さなお子様が遊べるスポット

公園内には埼玉県内でも1、2を争う大型の複合遊具があります。

登ったり、滑ったり、潜ったりと大小様々なアイテムをまわって遊べる複合遊具となっており、なかなかな大きさの遊具なため幅広い年代のお子様が楽しめるエリアとなってます。

また、芝生でできた多目的広場もあり、大人はテントでゆっくりして子供達は遊具で遊ばせたりできるところも魅力的です。日によってはキッチンカーがでていたり、公園管理施設には軽食やコーヒーも飲食できるので、1日遊べるかと思います。

お友達や家族で楽しめるスポット

幅広い年齢層が遊べるパークゴルフ場もニューオープンしました。

びん沼川の河川敷約10万平方メートルの大きさで9ホールのコースが4コース(計36ホール)も設置された県内最大級のパターゴルフ場になっております。

このパターゴルフ場は国際大会が可能なくらい大規模なため、家族や友人などと一緒に盛り上がること間違いないです。

これら遊べるスポット意外にも、びん沼自然公園には四季折々の季節を感じるお花が咲いており、春にはびん沼川沿いに桜並木が綺麗に咲き、土手には菜の花も咲いていたりと、季節ごとにお花や自然を楽しめるスポットも沢山あります。

広い駐車場も完備されていますので、魅力満載のびん沼自然公園に是非遊びに行ってみて下さい。

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP