【出産・子育て4】生後2カ月の赤ちゃんの発達は?

ウーウーと声を出したり、にっこり笑顔を見せたり表現が豊かになり、観察するのが楽しくなるのがこの時期です。赤ちゃんをよく観察してみると新しい発見や初めてできることが盛りだくさんです。

ご機嫌な時は可愛い声も

まだ首は完全に座っていないものの、頭ささえてを安定させれば少しの時間なら縦抱っこもできるようになります。赤ちゃんに向けておもちゃを動かすとゆっくり目で追うようにもなり、目の成長を感じられます。

また、少しですが手や足をを動かせるようになってきて、指をくわえたり両手をにぎったりすることも少しずつ見ることができます。
指しゃぶりは赤ちゃんの成長を感じることのできる行為ですからやめさせることはありません。

表情がだんだん豊かになりあやすと笑った「ア~」「ウ~」などの言葉が出ることもあります。そんな時はママも赤ちゃんに答えて話しかけてあげましょう。

そうしたやり取りが赤ちゃんの気持ちを落ち着かせ心や言葉の発達を尽くします。

産後2か月の赤ちゃん

2ヶ月の赤ちゃんの体は?

口に手を持っていきげんこつをペロペロ

自分の手を口の前に持ってくることを覚えしきりに握った手を舐めるようになります。皮脂分泌はまだ活発で引き続き顔を中心に乳児湿疹や脂漏性湿疹ができやすい時期です。

産後2か月の赤ちゃんお指しゃぶり

2ヶ月の赤ちゃんの心はどう?

音に敏感になって声のする方を見たり、あやすとにこやか顔にも

耳の機能も成長し、声をかけると声のする方に興味を示します。段々と赤ちゃんはコミュニケーションが分かってきて、あやすとほほえみが見られることもあります。

また、おっぱいが欲しいときや眠くなったの欲求によって少しずつ違う泣き方でアピールしてきます。

ママやパパの呼びかけに興味を示し、声を出して反応します

あやしてもらうと嬉しくて泣き止んだり笑ったり「ア~」「ウ~」と声を出して答えたりします。

雨が同じように「ア~」と言うとまた声を返すこともあります。赤ちゃんとのコミュニケーションがどんどん楽しくなってくるのはこの時期ですね。

産後2か月の赤ちゃんのほほえみ

2ヶ月の赤ちゃんの運動は?

首が少ししっかりしてきて目で物を追えるように

まだ首は座っていませんが少ししっかりしてくるので首の後ろを支えていれば頭を少し回すことができるようになります。

おもちゃに手を伸ばしたり目の前の動くおもちゃやぬいぐるみなども目で追って興味を示します。

産後2か月の赤ちゃんとオモチャ

関連記事

最近の記事

  1. 足底筋の触診方法とほぐし方を紹介

  2. 足底筋はどんな筋肉?作用や起始停止

  3. ヒラメ筋の触診方法とほぐし方を紹介

  4. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)のヒラメ筋はどんな筋肉?

  5. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋の触診方法とほぐし方

  6. 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の腓腹筋はどんな筋肉?

  7. 膝窩筋の触診方法とほぐし方|筋トレとストレッチも紹介

  8. 烏口腕筋のストレッチ方法を紹介

  9. 烏口腕筋の鍛え方、筋トレ方法【10種類】

  10. 膝窩筋はどんな筋肉?位置や機能、痛みの原因

カテゴリー一覧

過去の投稿

PAGE TOP