◆初心者向けの背中の筋肉のストレッチ整体

上半身をひねって腰を伸ばすストレッチ整体

A:椅子に座って腰を伸ばすストレッチ整体です

椅子に座っての腰のストレッチ

ステップ:1椅子に座っている状態で座り、両手で背もたれの角を持ちます。
ステップ2:息を吐きながら上半身をひねって、体側(腹斜筋)を伸ばしていきます。目線はひねった方向に向けます。

B:床に座って腰からお尻を伸ばす腰のストレッチ整体です

ストレッチポイント2
床に座っての腰のストレッチ

ステップ1: 片方の膝を曲げ、もう片方の膝を立てて座ります。
ステップ2: 片膝と反対の腕を膝に当て、膝を押しながら上半身を大きくひねります。目線はひねった方に向けます。

背中のひねりと同時に行うストレッチ

背中の伸びとひねりを同時に行う腰のストレッチ整体

A:立位(立った状態)で背中から腰まで伸ばすストレッチ整体

ストレッチポイント3
立った状態での腰のストレッチ

ステップ1:肩幅より少し広めに足を開いて立ちます。
ステップ2:上半身を少しひねりながら、片手を反対の足先に向けて、ゆっくりと下ろしていきます。

B:椅子を使って腰から背中を伸ばすストレッチ整体

腰のストレッチ
腰のストレッチ
腰のストレッチ

ステップ1:椅子に深く座って両手を頭の後ろで組みます目線は膝に向けておくのがポイントです。
ステップ2:息を吐きながら、膝に向かってゆっくり背中を丸めながら伸ばしていくと、腰から背中のストレッチになります。

上半身を大きくひねって伸ばす腰のストレッチ整体

体を大きくひねって伸ばす

A:仰向けで腰からお尻までの伸ばすストレッチ整体

ストレッチポイント5
腰のストレッチ

ステップ1:仰向けになって、片足を上げて交差させます。ステップ2:ゆっくり息を吐きながら、手で膝を押さえると腰からお尻のストレッチ整体が出来ます。

POINT:これは腰のひねりと同時に内転筋を伸ばすことができるストレッチ整体ですので、腰痛の他、お尻の痛みや坐骨神経痛を感じる方にはお勧めです。

B:股関節と一緒に伸ばす腰のストレッチ整体です

ストレッチポイント6
股関節と一緒に伸ばす腰のストレッチ

ステップ1:立った状態で両足を開き、膝の内側に手を当てます。
ステップ2:上半身をひねりながら太ももを内側から外側へ押して行きます 。

POINT:腰のひねりと同時に、関節の内転筋を伸ばすことができるストレッチ整体です。
NGストレッチ整体:太ももが上半身のひねり動作に引っ張られて、ももや膝の位置が内側に入ってしまうと、ストレッチ効果がえられません。太ももが内側に入らないように、意識してストレッチ整体していきましょう。