まずはBMIと体脂肪率の違いを認識してこれから先のダイエットに役立てましょう!
ダイエットをしたいのに中々やせられない女性は多いと思います。
良く聞くBMIと体脂肪率を混同している方もいるかと思います。
今回はこの2つの違いを分かりやくす説明して認識してもらいダイエットに役立てて欲しいと思います。

BMI値と体脂肪率を認識してダイエット

BMIについて

BMI(Body Mass Index)とは体重と身長のバランスをチェックし、外見的な肥満度を測定するものです
体型を基準にした指標で、BMIは身長と体重から計算します。計算式は世界共通で「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」
とされ、18.5~25までが正常範囲となっています。【電卓で簡単な計算方法は自分の体重を自分の身長で2回割ります】
最も健康的かつ病気になりにくいとされるBMI値は「22」です。逆に、標準値から離れるほど有病率は高くなります。
BMIは、あくまで統計的に病気になりにくい範囲を表しているものであって、スタイルとは関係がありません。

骨盤ダイエット、産後の骨盤矯正ダイエットでの目標・BMIと体脂肪率

体脂肪率とは

体脂肪率(%)とは体重に占める体脂肪の割合、自分の体重の何%が脂肪なのか?を表した数値の事です。
健康的な体脂肪率の目安(平均)は男性10~19%、女性20~29%とされ、それ以上になると「肥満」ということになります。
最近は体脂肪率は家庭用の体重計でも測定することができるので、家電量販店を覗いて見て下さい!

体脂肪率

BMIと体脂肪率違いとは

BMIと体脂肪率の違いについてですが、この辺りはもっとも誤解を生む可能性のある大事なポイントですので、
ダイエットにお役立て下さい!

まずBMIについて、これは統計で前に述べました様に体重と身長のバランスからわかるものですからあくまでも外面的なものになります。
こちらは標準の値22から外れるほどに病気のリスクが高まるという数値上からの考え方です。それに比べ体脂肪率は体重の何パーセントが脂肪なのかという考え方で、もし同じ体重であっても体脂肪率が違うという場合は脂肪がどのくらい体内でしめているかということの違いになります。

BMIを使う理由

一般的に言われる肥満とは単に体重が多いだけではなく、体脂肪が平均以上に身体に蓄積した状態を言います。

しかし、体脂肪率を正確に測定することは難しいため、BMIを使用する事が多くなります。BMIは、体の全体の脂肪量とよく当てはまる事がすることがさまざまな研究で確認されています。

BMIを使用することで、身長と体重という管理しやすい数値から体脂肪の状態が推測できて身体の肥満の度合いを認識、管理することが出来ます。
間違っていけないのは、BMIで分析できるのは全体としての体脂肪量であり、内臓脂肪型肥満や皮下脂肪型肥満という太り方の違いなどはわかりません。

BMIの国内判定基準

状態:指標
低体重(痩せ型):18.5未満
あなたのBMIは標準よりも小さく痩せていると判定されました。肥満は健康の大敵ですがもちろん痩せすぎも良くありません。
普段から食欲がなかったり運動不足だったりする方は、きちんと食べて適度に運動するように心がけてください。

普通体重:18.5以上、25未満
あなたのBMIは標準の範囲内と判定されました。今の体重をキープするように心がけてください。ただし、体重は標準でも体脂肪率の高い
「隠れ肥満」の可能性もあります。日頃から運動不足が気になる方は、適度に運動して自己管理に努めてください。

肥満(1度):25以上、30未満
あなたのBMIは標準よりも高く、肥満気味であると判定されました。肥満はさまざまな生活習慣を引き起こす、健康の大敵です。
食生活を見直し、適度な運動を取り入れて自己管理に努めてください。

肥満(2度):30以上、35未満
肥満(3度):35以上、40未満
肥満(4度):40以上
上記の方は常に自分のBMI値を気にしながら生活していきましょう!将来、思わぬ病気につながる長る事もありますので注意!
心配な方は、お医者様に相談するのも良いと思います。

BMI:22の体重を標準体重は身体の最も病気にかかりにくい体重の状態となりますので比較しながら統計を取ると良いと思います。
日本肥満学会でも確認できますので認識しておきましょう。
調査での結果分かったことは、この数値が高いと生活習慣病になりやすいということ。
肥満は様々な病気に結びつきます。他にも胆石や肝硬変など平均体重の方よりも病気にかかる確率はずっと高くなります。
ただし、これは指標であって、全ての方に当てはまるわけではありません。
骨格や筋肉の違いなどによって、ベストな体重は変化して当然です。

数値が25を超えてしまうと、通常よりも高血圧の発症率が2倍になります。
数値が27を超えてしまうと、通常よりも糖尿病の発症率が2倍になります。
数値が29を超えてしまうと、通常よりも高コレステロール血症の発症率が2倍になります。

BMI値

BMIを簡単に計算してくれるサイトもありますのでご参照下さい

https://calculator.jp/health/bmi

ダイエットについては…

美容に適したBMIとは?最適値とは?
BMI自体が美容のために作られたわけではないことからも、この数値がベストと表示するのは難しいのですが、女性のダイエットに関しては目標が合った方がやる気も出ると思います。BMI値の範囲は大体19~23位に収めた方が良いでしょう。

また、綺麗にに痩せるためには、エネルギーやビタミンの摂取は不可欠ですので充分に栄養を摂る様にしましょう。
決して食べないダイエットはお勧めしません…!食事のバランス、適度な運動、体のバランスが大切です!

骨盤バランスや骨格のバランスが悪く、ダイエットをしたい女性、出産後に体重が落ちない方はイーバランス整体院にお任せ下さい!

産後の骨盤矯正はこちらから
骨盤矯正ダイエットはこちらから