筋肉の成長

ヒトを含めた動物は受精した卵子が分裂していく過程で、外胚葉、内胚葉、その間を埋める中胚葉の三つに分かれます。筋肉のルーツは中胚葉の細胞群といわれています。

今回はその筋肉中胚葉の一生について詳しく解説していきます。

筋肉の成長

中胚葉っていったい何なのでしょうか?

中胚葉の「側板」というところにいた細胞は成長していくにつれて腕や足の方へ移動していき、そこで筋肉になると言われています。

お前は腕の筋肉になれ…お前は足の筋肉になれ…お前は腹直筋になれ…という指令が下され、細胞はそれぞれにしかるべき場所へ移動して、筋細胞になっていくわけです。

ただ、どのタイミングで、どんな形で命令が下されるかは、現在のところわかっていません。

中胚葉

筋サテライト細胞って一体何?

おそらく「筋芽細胞』という筋線維のもとになる細胞が移動していって、そこで増殖・融合して永井謹製になります。 しかし一部の細胞はそのまま止まっていて、筋繊維の表面におとなしくへばりついているのです。

それが「筋サテライト細胞」であろうと言われています。筋サテライト細胞は、将来「幹細胞」となり、傷ついた筋繊維が新しく生まれ変わるための「種」のような役割をするというのが定説です。

曖昧な表現をしてしまいましたが、実際、筋細胞の細かい仕組みまで詳しく分かっていません。ですから、今後新しい発見がどんどん出てくる可能性もあると思います。

胎児期に筋肉はどうなっているの?

胎児期になると、筋繊維がどんどん増え筋肉を形作っていきます。筋線維の数はこの胎児期に決定し、その後は筋繊維が太くなっても数そのものは増えないと考えられています。

メカニズムから考えると、微妙に増える可能性はありますが。2倍3倍に増えるような大きな変化は起こらないそうです。

胎児の筋肉

生後の赤ちゃんの筋肉の変化

生後の赤ちゃんは一定数の筋繊維が個々に太くなっていくことで、筋肉全体として成長していくことになります。

成人してから年寄りの筋肉の変化

子供の筋肉

順調に成長していくと、20歳から30歳ぐらいまでの間に筋肉のサイズは一番大きくなります。そして30歳を過ぎたあたりから、筋線維の数は変わらないまま、一本一本細くなっていきます。

40歳から50歳の間になると、一本ずつが細くなると共に、筋繊維の数も徐々に減っていきます。このようにして筋繊維は役目を終えていくのです。