筋肉の仕組み

筋肉は主に筋繊維でできています。筋線維の特徴は細胞が巨大であることです。一つの細胞の大きさが40~100μm(マイクロメーター)で、長さは10センチ 以上になるものもあります。

ほとんどが髪の毛と同じぐらいの大きさですね。今回はこの筋肉の仕組みについて詳しく解説していきます。

筋肉はなぜこんなに大きくなるの?

筋肉はなぜこんなに大きくなるかというと「筋芽細胞」という小さな細胞がベタベタと融合して、ひとつの細長い線維状の細胞を作っているからです。

その細胞がたくさん集まった筋線維は何百戸も入っているマンションのようなもので、維持や運営が非常に大変です。細胞の栄養補給、大きさや太さの調節エネルギーのやりくりなどを一つの核ではまかないきれないので、細胞の中にはがたくさんあります。そ

れぞれが分業しあって大きな細胞を維持しているのです。ですから一つの筋肉線維でも端の方と真ん中の方では状況が違ったりすることもあります。

筋肉を大きくする

筋肉の細胞は傷つきいたら補修し筋肉を太くする

それだけ大きなものを苦労して維持していますから、一つの細胞が死んだだけでも被害は甚大です。

普通の細胞は傷がつくと死んでしまい、新しいものと入れ替えるシステムになっていますが、筋線維の場合はちょっと壊れただけならその部分だけを補修するという機構が働きます。大きなものですからリフォームしないともったいないです。

そして、このれた部分を補修することによって、そこが以前よりも大きく強くなるのです。

筋肉を補修

どういう風に筋肉細胞は強くなるの?

例えば格闘技で打撃を受けると、打たれた部分の細胞に傷がつき、普通の細胞なら死んでしまいます。しかし、筋線維は撃たれたところを修復して強くしていくのです。

ですからトレーニングをして痛めつけるほど筋繊維は強くなっていきます。ただし、激しいことをやりすぎると死んでしまう(細胞の壊死)こともありますので、そこまで追い込まないようにしないといけませんね。

筋繊維が粘り強く回復するところでトレーニングをやめて、それを繰り返していく必要があります。

筋肉を改善