壊れた筋肉

トレーニングによって「筋肉が破壊される」とよく言いますが、破壊とは言ってもそれぞ大げさなものではなく、基本的には筋肉線維の構造がポチポチと乱れる程度です。

プチプチと筋繊維が切れたり、鍛えた部分の筋線維がボロボロになったりするわけではありません。

今回はその破壊された筋繊維はどうなるのか解説していきます。

筋肉の壊死

筋肉線維が切れるほど酷使した時は壊死する?

切れるほど酷使された場合は、壊死と言って筋肉線維は死んでしまいます。壊死した繊維は「タンパク質分解酵素」によってアミノ酸に分解され溶けていきます。

そして、次の筋肉の材料として再利用されたり、尿素とともに体外に出て行くのです。

筋肉壊死

壊死した筋肉線維は再生する?

一方、壊死した部分では筋肉線維の再生が起こり、10日から2週間ほどで新しい筋肉線維が作られます。ただし、即効的に筋肉を補修する場合には、新しい筋肉線維を作るよりその部分を結合組織(コラーゲン)で埋めてしまった方が手っ取り早いのです。

したがって、疲労回復しないうちに筋肉が壊れるトレーニングをどんどん続けていると、線維化(ファイブローシス)と言って、筋肉の中に結合組織性の線維が多くなってきます。

すると、俗にいう「硬い筋肉」…力を入れても、緩めても、あまり硬さが変わらないというタイプの筋肉になってしまうのです。できれば、そうならない様にトレーニングと疲労のバランスを考えて行いましょう。

筋肉再生

硬い筋肉は休養のサインです

痛いほど筋肉が疲れていたら、それは休養が必要というサインです。とはいえ、少しでも筋肉痛が残っていたらだめなのかと言うとそうではありません。

多少の筋肉痛はあってもトレーニングの頻度を上げることは筋力アップにおいて重要なことです。ですから、出来る範囲でトレーニングした方がいいでしょう。ただし、明らかに前と比べて筋肉に痛みがあり、パワーが出ないという時は無理にトレーニングをしない方がいいでしょう。

筋肉の休養