筋肉痛

皆さんはトレーニングをしたりスポーツをしたりして、筋肉が痛くなったことはありますよね?

どうして筋肉痛が起きるのでしょうか?そしてその種類とは?
今回はその筋肉痛について詳しく解説していきます。

即発性筋痛とはどういうものでしょうか?

筋肉痛には2種類あります。一つは「即発性筋痛」と言って、運動後すぐに起こるものです。

即発性筋痛には筋膜の断裂のような筋肉の障害の場合と、疲労物質が溜まることによって起こるものがありますが、多くは後者です。疲労物質とは乳酸と一緒に作られる水素イオン(勘違いされがちですが、乳酸のものではありません)。

それによって筋肉が極度に酸性になると、痛い、だるい、重いという感覚が生じるのです。

即発性筋肉痛

遅発性筋痛とはどういうものでしょうか?

もう一つは自発性筋痛です。翌日や翌々日に筋肉が痛いというもので、いわゆる一般的な筋肉痛です。

運動によって筋細胞の中にミクロの傷ができ、そこで炎症反応が起きるのです。

炎症が起こると、外傷や毒素などで活性化する「ヒスタミン」などがたくさん作られます。その中に痛みや痒みを引き起こす物質があるので、炎症と共に筋肉が腫れ、熱っぽくなったり、力を入れると痛くなったりという状態になるわけです。

遅発性筋肉痛

ブレーキング動作はどういうもの?

特に筋肉痛が起こりやすい運動はブレーキング動作です。

例えば…ベンチプレスの場合バーベルを上げるのではなく、下ろす動作で筋肉は傷つきやすいです。山登りなら、登っただけでは筋肉痛は起こりにくいのですが、降りる時に起こるのです。スキーやスノボの後に筋肉痛になりやすいのも同じ理由です。

筋肉の傷つきやすさは筋肉の状態にも依存していて、運動をサボりがちな人がたまに運動するとすぐに筋肉が傷ついてしまいます。年を取るほど筋肉痛が起こるというのは普段の運動レベルが低いことが原因でしょう。

下りの方が筋肉痛

どうして筋肉痛の期間に個人差があるの

筋肉痛が起こると白血球が迫って活性酸素を作り、細菌などの病原体を殺したり傷ついたところをクリーニングしたりします。その際どうしてもオーバーリアクションとなり多め多めにいってしまうのです。

この作用によって筋肉痛がひどくなったり、長引いたりすることもあります。ちなみに若い人ほど活性酸素に対する抵抗力が強く、歳をとるにしたがって抵抗力は落ちてきます。だから年をとるほど筋肉痛が長引きやすくなるという傾向があるのです。

年寄りほど筋肉痛が長引く

筋肉痛を早く治す対処法は?

筋肉痛が起こってしまった場合、運動直後なら冷やすのがベターです。

そして、夜になったら入浴後にストレッチなどをして血行を促し、炎症の治癒を早めるのがいいでしょう。

また、運動後にストレッチなどでケアをしておくことで、筋肉痛を軽減することもできます。

それから活性酸素のオーバーリアクションを防ぐには、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化物質がよく効きます。サプリメントで摂取したり、柑橘類やごま油などを積極的に摂取するといいでしょう。

これによって、筋肉痛を早く治し、筋肉を回復させることができます。

筋肉痛を早く治すには