冷え性

人間の体には本来絶妙な体温調節機能が備わっていますが、冷えはその調節機能を乱し、そのために様々な症状が現れてきます。

夏と冬とでは自律神経の働きも変わります

夏と冬とでは自律神経の働きも変わります

体には絶妙な体温調節装置があります。私たちが37度前後の体温を維持できているのは、この装置(自律神経系)のおかげです。例えば、外気温が下がり寒くなると、皮膚にあるセンサーは、この情報をキャッチして、脳(視床下部)にある体温調節中枢に伝えます。

これを受けて、体温調節中枢は体内で作られる熱の量や放出する量を調節します。

脳は体から熱が放出する量を調整

脳は体から熱が放出する量を調整

また脳は身体から熱が多いする量を少なくするため血管を縮める指令を出します。

一方、気温が高くなり熱が体内にこもるようになると、血管を広げて熱を外へ逃がす指令を出します。

このように農園情報を運んだり脳からの指令を伝えて臓器や血管を働かせているのが自律神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経がある

自律神経には交感神経と副交感神経

自律神経には交感神経系と副交感神経系があり、呼吸、血圧、発汗、排尿、排便など体中の機能を活発にしたり、抑えたりして生命を維持しています。

自律神経の乱れは不調症状 につながる

自律神経は体中に張り巡らされたコードのようなもので、オンとオフを切り替えながら体の機能を調節していますが、冷えに長年さらされ続けているとこの切り替え装置に乱れが生じ、その結果ほうぼうに自律神経の不調症状が現れるのです。

当然冷えの症状も悪化する要因にもなります。