白湯とは

美容にも効くとされている『白湯』っていったい何?

とてもシンプルな飲み物で、とても体にいいとされていますが、その効果や作り方を知らない方もいらっしゃると思います。

美容にも健康にも良いとされていますので、女性の方にもおすすめです。
基礎代謝が上がりダイエットにも効果があるとも言われています…!

白湯の効果

白湯の起源はアーユルヴェーダとされています

「アーユルヴェーダ」という言葉を聞いたことがありますか?
あまりなじみのない言葉ですがインドの伝統的な医学にも採用されていて、日本ではエステのお店などでも施術されています。

世界三大伝統医学の一つとされていています。
インド・スリランカに広まり、トリ・ドーシャと呼ばれる3つの要素(体液、病素)のバランスが崩れると病気になると考えで、これがアーユルヴェーダの根本理論とされています。

白湯の起源はアーユルヴェーダ

アーユルヴェーダは自然の中の摂理と人の体は同じく考えられていて、【火】【風】【水】の原理で構成されていると言われています。

イメージとしては水を夜間で火を使って沸かし、沸騰させると気流が起きますよね…

火をつける事で上昇気流が発生したり、沸騰した気泡が破裂すると蓋を押し上げる風が発生します。
自然界でも、人間の体でも同じ事が起こっているようです。

そのアンバランスを整える事により健康になる思想です。

アーユルヴェーダと白湯

【白湯】と【湯冷まし】は別物

白湯とは?

白湯は混じりけのない水(赤ちゃんに飲ませるならミネラルウォーターは避けて下さい)を沸騰させた無色透明のお湯のことを指します。

ミスを沸騰させることによりカルキ(塩素)やトリハロメタンなどの不純物を排除する事が出来ます。
白湯を作るために約10分~15分ほど沸騰させます。
この状態が【白湯】と呼ばれます。

湯さましとは?

白湯をしばらく時間をおき、約35~37℃くらいの人肌まで水温が落ちれば【湯冷まし】の出来上がりです。

赤ちゃんに飲ませる粉ミルクを作るのであればこのタイミングが一番ですね!

白湯の効果はいろいろです!

昔から飲まれている白湯…子供たちがお腹を壊さないように飲まれていたのと、病気がちな人や病中の人などにも飲まれていました。

その他にどのような効果があるのでしょうか?

効果その①便秘の改善

白湯と便秘

多くの女性が悩む便秘…便秘の原因は様々あり
・食べ物によるもの
・お腹周りの筋肉量
・体の冷え
・腸のぜん動運動の低下
などがあげられます。

白湯を飲むことにより腸を温め腸の動きを活発にします。
便秘解消に根気よく試してみる価値があるでしょう。

効果その②肌荒れの改善

白湯と肌荒れ

白湯を飲むことにより腸内の便を排出事により小腸大腸もきれいになります。
腸の調子が悪くなると、吹き出物や化粧の乗りの悪い乾燥肌になり肌の調子が悪くなりがちになります。

特にお肌は腸の状態によってお肌の影響が左右されますので、より女性は意識して白湯を摂取してみましょう。

効果その③デトックス

白湯とデトックス

白湯を飲むと胃腸の働きが良くなり摂取した食べ物の消化が良くなるとされています。
それにより体内の毒素が排出されデトックス効果も期待できます。

効果その④冷え性の改善

白湯と冷え性

イーバランス整体院にいらしている患者さんの中にも多いのが冷え性…冬の寒い時期に限らず夏場の暑い季節でも冷え性という女性が多いです。

冷えは自律神経のバランスを崩し、ホルモンバランスを崩し様々な症状を引き起こします。

内臓全体、特に胃や腸を冷やさない様に心がけましょう。

効果その⑤肩こり腰痛の改善

白湯と肩こり腰痛

体が冷えると、血流も悪くなります。
その事により肩がこりやすくなったり、慢性的な腰痛にもなる可能性があります。

白湯を飲むことで体を温めるのを意識していきましょう!

効果その⑥基礎代謝の改善

白湯とダイエット

女性には気になる項目ですよね…
白湯はダイエットにも効果があると言われています。
同じように、白湯を飲むことにより内臓を温める事により基礎代謝が上がりダイエットにも効果があります。

また、体内の無駄な水分を排出することによりむくみにも予防効果があります。

白湯を飲むタイミングは?

白湯はいったいいつのむのかタイミングが分かりずらいですよね?

朝起きてからすぐに飲む

朝一の起きた手で白湯を飲むのがより良いとされています。コーヒーを飲む代わりに白湯を飲む習慣をこころがけるといいと思います。

起きたての時は内臓の動きが悪く体温ほどの白湯を飲むと胃や腸の動きが活発になります。
ゆっくり10分から20分かけて飲むのがより効果的です。

白湯は朝一飲む

夜の就寝の前に飲む

寝る前に白湯を飲むと癒しの効果がありとてもリラックスできます。
寝ている一晩で500mlから1000ml(1L)の汗をかくと言われています。
寝る前と朝起きた時にコップの水を1杯飲む習慣をつけるといいとされていますので代わりに白湯を寝る前に飲むとより良いとされています。
ただし、飲みすぎは夜中におトイレに行きたくなり熟睡の妨げになるので、白湯の飲みすぎには注意しましょう!

夜に飲む白湯

食後の白湯は控えましょう

食後の白湯は胃腸の消化の妨げになるのでおすすめできません!
もし飲むのであれば朝食や夕食後に30分から40分空けて飲むのがよろしいでしょう。

風邪を引いたときの白湯の効果

風邪を引いたときにお薬を飲みますよね?その時、常温や冷たい水でも飲むよりも「白湯」で飲む方がより効果的とされています。

その時、足湯をするととても良くデトックス効果があるようですね。

足湯も白湯にして洗面器に足のくるぶしにかかるほどの白湯を用意し、コップ1杯の白湯を少しずつ飲みながら足湯につかります。

程よく体が温まったら足をしっかり拭き、その後足元から冷やさないようにするといいでしょう!