気温差の体調不良予防

この時期は気温差があり体調を崩しがち

今年は12月というのに20℃を超えたり10℃を割ったりでかなり寒暖差があります。
暖かくなるときには体へのストレスは少ないのですが、グンと気温が下がったときに体へのストレスを感じ負担になります。

気温差の体調不良予防対策

体を冷やさないことがポイント

着るものでコートを着ようか、ブルゾンを着ようか、インナーはどうするか悩みますよね。

失敗したときに体が冷えて体調不良を誘発します。
また、厚着のし過ぎで、汗をかき体が冷えて体調不良が起きやすくもなります。

ちょうどいい着こなしでも首元が開いている洋服で首元の冷えで体調を崩したりもします。首元は冷やさない様に脱着が楽なストールや薄いマフラーなどを装備して首素を守りましょう。

気温差の体調不良予防には

自律神経のバランスも大切

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれます。
寒い日に自律神経がおかしくなって不眠が続いたり、体調を崩しているという人も多いと思います

自律神経は、私たちの身体の中をコントロールする生きるための不随意神経(自分で意識して作用できない)神経でとても重要な役割を担っています。
体の体温を適切に保つこと、睡眠のONやOFF、消化器の働き、血液の循環、免疫力にも影響があると言われています。

生活リズム、食事改善、良質な睡眠を取り、適度な運動を心がけましょう。
この時期は湯船にゆっくり入る方は多いと思いますが、冬に限らず夏場から湯船につかる習慣をつけて、秋冬の体が冷えるこの時期に備えましょう!

また、癒し系の音楽を聞きながら呼吸を大きくゆっくり整えるのもいいでしょう。
日々のこういった習慣が体調を崩さない一歩一歩となると思います。

自律神経のバランス
気温差の体調不良には体を温める

免疫力の向上も意識する

最近はヨーグルトでも様々な種類が出ています。
種類としては
・腸内環境を整えるもの
・血圧を整えるもの
・内臓脂肪を減らすもの
色々な作用、効果のあるのが出ていますね。

中でも最近は免疫力が上がるヨーグルトもありますね。
まめに摂取すると免疫力を高め、風邪をひきづらくしていきましょう。

免疫力をあげる
免疫力をあげるヨーグルト