冷え性

冷え性は体質でしょうかそれとも病気でしょうか?東洋医学と西洋医学とでは冷えの捉え方が違います。

西洋医学には「冷え症」という病名はない

冷え性の女性

体温を測ってみても、特別に低いわけではない。血液や内臓を調べても異常はない。なのにつらい冷えの症状がある…。

冷え性はとらえどころのない症状です。成人女性の二人に一人は冷え性で悩んでたというデータもあるほど、ポピュラーな病気であるにも関わらず、西洋医学には冷え性について定義がありません。

そもそも「冷え症」という病名がないのです。西洋医学では、冷えとは永久抹消の血管が収縮して皮膚に来る血液が不足してる状態と考えます。これが高じて手足や腰など体の特定の部分が、冷たく不快に感じられる症状が6ヶ月以上続くと冷え性とされます。

病気ではないので「冷え症」ではなく、「冷え性」であり、血行が悪い体質、あるいは老化や更年期に伴って出てくる症状と考えられています。治療法も進んでいるとは言いがたく、血行改善のためのビタミンE剤などが処方される程度です。悩んでいる当人も体質だからと諦めてしまうことも多いようです。 

問診

東洋医学ではさまざまな病気が冷えから始まる

一方、東洋医学では病は体の冷えた部分から入り込むと捉えます。冷えは不調を知らせるシグナルであり、冷えが体に溜まると病的変化を起こして冷え性になると考えるのです。

東洋医学の冷えによる症状や病気は多いのです。まさに「冷えは万病の元」というわけです。 冷えを病気の入り口と見れば、体質だからといってあきらめて放置することはできません。

東洋医学では、漢方薬など、冷え性の治療法が発達してきました。また、体を温めるための生活上のノウハウも豊富に培われてきました。冷え症は東洋医学が最も得意とする分野と言えるでしょう。

東洋医学