尺骨神経麻痺原因、症状

尺骨神経麻痺の疾患概念とは

刃物などによる直接損傷や、圧迫などが原因で起こります。
尺骨神経が支配する手内筋の麻痺により環指・小指のMP関節の伸展、PIP・DIP関節屈曲位となり、鉤爪変形を呈します。

尺骨神経麻痺の症状

尺骨神経神経支配は

尺骨神経は感覚では環指の尺側1/2と小指の掌背側を、運動では主に手内筋を支配しています。

尺骨神経

尺骨神経が麻痺するとどうなるの?

尺骨神経が麻痺するとその支配する手内筋の麻痺により、環指・小指のMP関節過伸展、PIP・DIP関節屈曲位となり鉤爪変形を呈します。

尺骨神経の原因は何でしょうか?

尺骨神経麻痺の原因とでは、刃物やガラスなどによる直接損傷や物理的な圧迫による間接的な損傷、または絞扼性神経麻痺としては肘部管症候群とギヨン管症候があります。

尺骨神経が麻痺するとどうなるの?

鉤爪変形って何? 

尺骨神経支配の手内筋の麻痺により起こり、環指・小指のMP関節過伸展、PIP・DIP関節屈曲位となっている状態の事をいいます。

鉤爪変形