ペルテス病の原因や症状、治療方法

ペルテス病とは一体どういう症状なのでしょうか?

ペルテス病は発育期に大腿骨近位骨端に阻血性壊死が生じる疾患です。

大腿骨頭の変形をきたしますが、小児期では骨のリモデリングの能力が旺盛なため、成人の大腿骨頭壊死症に比べると予後がよく、軽徴な機能障害を起こすにとどまることが多いです。

ペルテス病の原因、誘因、発症年齢は?

・原因は炎症によるものや、外傷によるものだと諸説はあるが、解明はされていません。

・発症年齢は2歳から13歳頃で男女比は4対1と男児に多いです。

ペルテス病の症状、臨床所見は

ペルテス病の症状、臨床所見

・股関節痛や跛行を生じます。大腿から膝の痛みを訴えることもあります。

・骨端は阻血性壊死に陥ると、やがて圧潰されてしまい、扁平化して大腿骨頭は変形します。

・その後に壊死した骨は吸収され、新生骨で置き換えされる過程が始まります。

小児期には骨のリモデリング能力が高いために、ほとんどの場合、治療の最終過程では、大腿骨頭と臼蓋の形態の適合性が得られ、重い機能障害が残ることは少ないです。

圧潰扁平化

ペルテス病の治療方法は?

ペルテス病の検査

・自然経過が比較的良好なことが多く、原則的には保存療法が行われます。
適度の安静と関節可動域の訓練を指導し、疼痛、歩容、可動域X線所見などを注意深く観察しています。

・年長児の例や、壊死が広範囲な例では外転、内旋装具、SPOC装具などの免荷装具や、内反骨切り術や骨盤切り術などの施術治療が選択されることもあります。

SPOC装具